『斬(ZAN)』

主に Web(ウェブ),ブログ(blog),サイト,ニュース,CGM などネットで視た様々な出来事を『斬』りますよ。
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ウェブの活動でメインとなるサービスは? 

 ウェブ(とうかインターネット)には、さまざまな CGM 系サービスがあります。

 いわゆる昔からあるウェブサイト(HP:日本でホームページと呼ばれているもの)、掲示板、チャット、ブログ、クチコミサイト、Q&Aコミュニティ、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)、SBS(ソーシャルブックマークサービス)、Twitter 系マイクロ(ミニ)ブログ。他にも MMORPG やセカンドライフのような仮想空間もあるでしょう。また、最近では動画サイトによる映像を使ったサービスもあります。古くにはメールマガジンだってネット上での活動といえます。

 これらの一つしかしていない人もいれば、複数のサービスで活動している人も多いでしょう。

 その中で、自分がそのサービスを一番メインの活動にしているか、ということが気になりました。

 今の自分のウェブでの活動は、ブログがメインなのですが、様々なサービスの登場によって今後それが変わっていく可能性があるというのを感じます。

 最近では Twitter がその筆頭であり、お手軽さからか、ブログからメインの活動を移した方も多く見受けられます。

 多くの人は、興味の対象が変わって自然な流れでウェブサービスの活動拠点を変えていくのでしょう。また、流行の流れに沿って、人の集まる場所を求めて移るのかもしれません。

 結局のところ感心なことは何がきっかけでどうして活動拠点を変えたか。そのきっかけとは何だったのか?ということに興味がわきました。

 ということでオチも無く終わる。ま、続きで別のことを書く予定。
スポンサーサイト

「天空の城ラピュタ」の放送をウェブと一緒に観てて感じたこと 

 先日、日本テレビでアニメ映画「天空の城ラピュタ」のテレビ放送があった。もう20年以上も前に創られた作品であり、既に、テレビでは12回目の放送だとからしい(ソースは2ちゃんねるのため、らしいとする)。

 つまり「なんどめだナウシカ」ならぬ、「なんどめだラピュタ」状態である。それにも関わらず、ウェブ界隈では、さまざまなウェブコミュニティでそれぞれ、凄い盛り上がりをみせていた。

 2ちゃんねる、Twitter、ニコ生、など、リアルタイム性を重視したサービスでは、この放送を観ながら、思い思い、好き勝手なことを書き込んでいる状況が見受けられた。はてなブックマークニュースでも特集記事が作られ、放送前にホッテントリ入りをしていた。

 それは、ある意味「吉本新喜劇」的なノリであり、数々の名台詞から盛り上がる場面場面が既に分かりきっている状況で、シンクロしてウェブで共有するというのは、何ともいえないうれしい瞬間でした。

 時代はネットだオンデマンドだ、といわれていますが、まだまだこういったマスメディアの固定時間枠放送というのも馬鹿には出来ないなと思った次第。

 2ちゃんねるでは、ラピュタ崩壊の呪文「バルス」の発せられるタイミングで、書き込み集中によってサーバーが落ちるかどうかといった話題で盛り上がり、ある種のサーバー負荷テストだとも言われていた。実際その前に落ちたらしいが。

 Twitter では、buzztterでの話題のキーワードが、ラピュタ関連で埋まっていた。

 ニコニコ生放送では、放送を観ながら配信するユーザー生放送が幾つも存在し、普段からラピュタのキャラの声真似をする生主の放送が人気を集めていた。

 こういったことで盛り上がれるのも、同じ時間に同じ物を観ることが出来る、共有することができることが前提であり、事前知識と共通認識が盛り上がり要素には不可欠です。

 そんなことを思っていたときに「「いまのニコニコ動画には不満」--ひろゆき氏が語る3年目のジレンマ:スペシャルレポート - CNET Japan」の記事を読む。
「テレビの劣化版を作っても仕方ない」
 もう1つ西村氏が不満に感じているのが、ニワンゴが提供する生放送番組の位置付けだ。現在毎週月曜日から金曜日の21時から、タレントなどが出演してトークを繰り広げる「とりあえず生中(仮)」という番組を放送しているが、西村氏は「生中が単なる劣化したテレビ番組になっている」と疑問を呈す。

 最近一番注目しているニコ生の話に食いついてみる。

 結論からすると、「コレ(ラピュタ)をニコ生の運営がやってみては?」なのですが、それはまた別記事で詳しく書く。

趣味と実益を兼ねたい人が、ウェブを実名でやらせたがる 

 タイトルが全てですが。

 結局のところ、ウェブ上での CGM 等の活動を「趣味」と位置づけるか、「趣味+実益」を兼ねると考えるかでしょうね。

 趣味のひとは、お金儲け考えてないし(アフィリエイトも小遣い稼ぎ程度だし)、悪い言い方をすれば「暇つぶし」です。それを、リスクの高い実名にするのは、デメリットばかりでメリットが少ない。

 趣味と実益を兼ねたい人は、実名で名を売る行動をとるほうが、何かとメリットを受けやすい。まぁ、デメリットのほうも受けやすいのですが……

 ビジネスと割り切っている人は、言わずもがな実名でしょうし。ただし、ビジネスでも黒子に徹していて、名前を一切出さない人もいるけれど。

 活動スタンスは、人それぞれの立ち位置で違うのですから、実名だろうと匿名だろうと、ケースバイケースで使い分ければいいだけですよね。

 というか、実名のほうがメリットある人のほうが少ないのですよ。目立つ人が発言するから、なんだか実名のほうがいいように目立ちます。しかし、ごくごく普通の人のほうが、圧倒的多数であり、匿名のほうがいいといっても目立たずにも埋もれてしまうだけなのですね。

 民主主義的に多数決をとれば、実名より匿名(というかニックネームなどの顕名)のほうが、メリットがあるというのが、大多数を占めるのではないと思われるのです。

日本のウェブの時代は、これからは「等身大の日常」と「生感覚」なのかな 

 最近また話題にのぼってる Twitter と、自分の中でちょっと気になってるニコニコ生放送とを結びつけて考えてみた。そうすると、最近のウェブのキーワードは「等身大の日常」と「生感覚」なのかな、と思いつく。

 庶民が普通につぶやいたり gdgd(グダグダ)してるのを垂れ流してて、その中から面白いものが話題になるって感じなのかな。

 ほとんど、日常の延長線上にウェブのサービスがあって、それ程お金や手間をかけなくても気軽に使えるサービス。しかもそこには、やはり CGM を上手く利用している1対多のコミュニケーションがある。その中に、ちょっと間接的なゆるい繋がりがあって、そこから直接的な1対1の繋がりも出来るような仕組みもあるあたりが良いようですね。

 生ならではの意外性やその時ならではの流動性が刹那的でも面白いと感じられるってのが、gdgd であっても受け入れられるんでしょうね。

 そう考えると、日本のウェブの方向性は、ハイブロウな人たちからするとやはり「残念」な方向なんでしょうね。

 ただ、より庶民に身近になっていく方向は悪くないと思うのですれどね。ウェブで商売するほうには、難しい方向だとは思いますが、それでもそこはハイブロウな人が頭使って考えてくれればいいわけでしてね。ユーザーは、楽しませてくれればいいわけですから。

たしかに「日本のウェブは残念」な面はあるよね 

 なんというか、日本のウェブというか、日本のコンピュータ関連全体にいえることで、サブカルチャーが強すぎるというのは、確かにある。それがある種の弊害となってしまい、日本のウェブの魅力を損ねている面は感じるよね。

 もともと日本に根付いている「オタク文化」とコンピュータ業界の繋がりが密すぎることもある。秋葉原が電気街からオタクの街に取って代わってしまったのも、その繋がりの濃さゆえですよね。

 昔から、パソコンに興味を持ってる層は、おおよそアニメやゲームが好きな傾向が見られる。それは、自分の観測範囲内での話ではあるけれど、世間一般でもその傾向というか、イメージは今もってあるように思われる。パソコンオタ=アニメオタ、ゲームオタという見方のステレオタイプは存在している。

 もちろん、ゲームとコンピュータは切っても切れない関係だし(ファミコンがファミリーコンピュータと名付けられているのだから、ゲーム=コンピュータというイメージが生まれるのも致し方ない)、アニメ画を書いたりする場合、タブレットや配色の便利さなど、パソコン関連のツールは、アニメ好きにとっては、何かと最適化されている。つまり、ゲームとアニメの好きな人がパソコンをよく使う人となるのは自然すぎる流れ。

 結局それは、コンピュータを使って多くの(ちょっと表現が悪いけど、アニメオタやゲームオタ以外の)一般の人も多く取り込むことが出来るようになったインターネット(そしてそのほとんどはウェブ)でも、その傾向は変わらず、むしろアニメ、ゲーム好きな、インターネットヘビーユーザーによってその大半がサブカルチャーの話題が中心となる傾向にある。

 それはウェブは好きだけど、サブカルチャー(もしくはアニメやゲーム)に興味が無い層にとっては、あまり魅力を感じることが出来ない面も多く感じられるのではないだろうか?

 ポータルサイトにしても、層の多いゲーム、アニメ関連のサービスには力が入っているし目立つよう工夫されている(目立つ広告にそういったものが多いのもあるけれど)。それは収入源に直接繋がるのだから致し方ない。

 開発者サイドにしてみても、アニメやゲーム好きが多いのだから、おのずとそちら方面のサービスには力が入るし、自然と偏ってしまう傾向が出る面もありえる。

 そーゆー意味においては、『@cosme!』や『クックパッド』のように女性向けで健闘している面白いサブカルチャー以外のサイトもあるのですが、やはりまだその数においては、到底追いつかないし、話題性も限定されている。

 もう少しその偏りがなくなって、パソコン(ウェブ)=オタク 的な要素が薄まれば、もっと多くの人が集まり面白いサービスが生まれる可能性はあるだろう。そういった意味においては、今の「日本のウェブは残念」ということは言えなくも無い。

 ただし、逆に捉えれば、これからまだその市場を開拓できる余地が残されているということも言えるわけであり、少なくともその可能性があるということが言えるのではないでしょうか?

 その可能性が、限りなく小さく難しいものであったとしても、これからもまだウェブはどんどん変化していくのですからまったく無いとも言い切れないと思います。
 

日本のウェブに有能な人が少ないのは…… 

 儲ける手法がセコイからだと思うよ。なんというか、経営層で物事考えて商売(金儲け)しようとする人ってのは、豪快というか大胆と言うか、肝が据わってる人が多いよね。

 経営ってのは一種の博打だから、豪快に責めたいじゃない。ちゅーか、そーゆー人が経営って向いてるし。そうなると、ウェブで行う金儲けって、儲け方がちっさいっていうか、細かいっていうか、セコイイメージでしょ。

 無料サービスではじめてユーザー数増やす。そこからさらに、増えたら広告枠作ってスポンサー料で軌道に乗せて、ユーザーから有料サービスに課金して儲けるってのが王道じゃない。

 こーゆーちまちましたやり方って、既存の経営者層には最も向いてないと思いませんか?

 バーンと土地と設備整えて、人脈使ってデカイ仕事取ってくる。数億数千万単位の物件受注でドカーン、みたいな。そーゆー豪快さはウェブにはないよね。

 ウェブだと、一人何十何百円。アフィリなんてポイントと称して何銭の世界。それを何万何十万人集められるかが勝負。そりゃー、有能な人ってか、魅力ある人がブログ書く土壌なんてできないよ。

 優秀なギークが集まればせいぜいいいところでしょ。ちまちまと何銭何円で動いてる人ってのは、それこそ時間大事だから、ブログ書く時間あったら儲けるために何かしら動いてると思う。

 そうじゃない豪快タイプは、そもそもそんなウェブに魅力を感じないし、金のにおいがしないと感じるんじゃないかな。労多くして益少なし。

 投資額が少なくても始められる敷居の低さはあるけど、成功する可能性の低さもまた格別。そんなウェブに魅力を感じる経営層ってのは、少ないんじゃないでしょうかね。

 jkondo が確か、なくてもいい(生活に困らない)サービスでお金をもらうってのは難しいといってたような。貧乏人が多くて、無料サービスが多いウェブで、有料サービスってのは、もともと難しいよね。

 アフィリエイトなんて、どう考えても、主婦の内職だもん。単価が安すぎるから、多くの人は割が合わなくて続かないですからね。そーゆー仕組みを作ってしまったのですから仕方ないでしょうね。

ウェブには暇で時間がある貧乏人が多いですよ 

 ちゅーか、前提としてお金ないからウェブで時間潰してるんでしょうけどね。そうじゃなきゃ、リアルでお金払うサービスのが魅力あるもん。お金払う価値はあるものだって多い。でもお金ないから、無い中で魅力あるウェブを選んでるに過ぎないのでは?

 お金がたくさん使えるなら、パソコンの前にいるより、もっと面白いことはたくさんあるからねぁ

 百億円あっても遊びたりない自信はあるけど、その先立つものがないからなぁー

ネットの可能性ねぇ 

「ネットをやっている人間はバカになる」 - 活字中毒R。
ブログって、「世界を変えるためのツール」じゃなくて、単に「よくある趣味のひとつ」だよね。僕もそれを認めるのは悲しいけれども。

「ヘビーネットユーザー」以外の人たちは、もう、「ネットの限界」に気付いているのではないかな。

 いやいや、すでに気がついていますよ。『CONCORDE』の Tristar さんなんかは、よくそれで棲み分けようってくどいほど提案してますよね。

 「よくある趣味のひとつ」でほどほどにやってるのにもかかわらず、「世界を変えるためのツール」だと信じてまだ頑張っちゃってる人達が、その世界を押し付けてなんか言ってくるのですよね。

 まだ市場としての可能性は残っているでしょうけれど、妙に理想と言うか野望と言うかを熱く語っていたりしますけど、それほどブルーオーシャンは残っていないと思われます。むしろ秘宝探しレベルになってるんじゃないかな。

 まぁ、ケータイ世代が大人になってきて、これからどうなるかってのは面白いのですけれどね。それくらいが、最後に残されたブルーオーシャンかなぁー、と。しかし、その海もかなり侵食されはじめて来てますけどね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。