『斬(ZAN)』

主に Web(ウェブ),ブログ(blog),サイト,ニュース,CGM などネットで視た様々な出来事を『斬』りますよ。
2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

“インターネットをお持ちの方”という表現にちょっと驚いた 

 最近、何気に耳にしたのが、この

「インターネットをお持ちの方」

という表現。確かに意味は理解できるが、すごく違和感を覚えた。

 これは、パソコンを買いにいって

「インターネットください」

という人と同じような感じがします。しかし、今回の“お持ちの方”は、普通に通じてしまう。

 本来なら、

「インターネットを利用できる環境をお持ちの方」
とか
「インターネットに接続できる環境をお持ちの方」

というほうが、正しいでしょう。

 そこで「インターネット」の意味についてちょっと調べてみた。
1) 複数のコンピューター-ネットワークを相互に接続して,全体として一つのネットワークとして機能するようにしたもの。インターネットワーク(internetwork)とも。
インターネット【internet】の意味 国語辞典 - goo辞書

インターネットいんたーねっと(コンピュータ)

「ネットワークのネットワーク」。ネットワークを相互に接続したもののこと。

表記ブレ多数;「internet」/略「ネット」/「World Wide Web」略「web」

現在では、TCP/IPを使って構築された世界的な分散型ネットワーク(The Internet/The Net)を指す。
インターネットとは - はてなキーワード
インターネットとは、通信プロトコルTCP/IPを用いて全世界のネットワークを相互に接続した巨大なコンピュータネットワーク。
インターネットとは 【Internet】 - 意味/解説/説明/定義 : IT用語辞典

インターネット(Internet)とはインターネット・プロトコル技術を利用して相互接続されたコンピュータネットワークを指す語である。
インターネット - Wikipedia

 「ネットワーク」を持っているという表現は、よく使われますが、こちらは社会的ネットワークのことで、コンピュータネットワークとは異なります。

 コンピュータネットワークを持っているという表現は、非常におかしく感じるのですが、「インターネット」という単語が、「テレビ」、「ラジオ」、「電話」、「ケータイ」といった通信端末機器の総称の意味と同じように捉えられてしまっているのでしょうね。

 なんというか、こういった言葉の使われ方をされるのをみて、よりインターネットというものが一般化してきたんだな、と感慨深かいものがありました。
スポンサーサイト

ネットの可能性ねぇ 

「ネットをやっている人間はバカになる」 - 活字中毒R。
ブログって、「世界を変えるためのツール」じゃなくて、単に「よくある趣味のひとつ」だよね。僕もそれを認めるのは悲しいけれども。

「ヘビーネットユーザー」以外の人たちは、もう、「ネットの限界」に気付いているのではないかな。

 いやいや、すでに気がついていますよ。『CONCORDE』の Tristar さんなんかは、よくそれで棲み分けようってくどいほど提案してますよね。

 「よくある趣味のひとつ」でほどほどにやってるのにもかかわらず、「世界を変えるためのツール」だと信じてまだ頑張っちゃってる人達が、その世界を押し付けてなんか言ってくるのですよね。

 まだ市場としての可能性は残っているでしょうけれど、妙に理想と言うか野望と言うかを熱く語っていたりしますけど、それほどブルーオーシャンは残っていないと思われます。むしろ秘宝探しレベルになってるんじゃないかな。

 まぁ、ケータイ世代が大人になってきて、これからどうなるかってのは面白いのですけれどね。それくらいが、最後に残されたブルーオーシャンかなぁー、と。しかし、その海もかなり侵食されはじめて来てますけどね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。