『斬(ZAN)』

主に Web(ウェブ),ブログ(blog),サイト,ニュース,CGM などネットで視た様々な出来事を『斬』りますよ。
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ブログを続けさせるためのやさしさではあると思いますが…… 

アメブロのPVが界王拳並みな件 - カイ士伝

 最近、運営停止を決めた Doblog みれば分かるように、ブログで採算ベースに乗せるってのは、それだけ難しいってことでしょうね。

 アメブロにしてもほかのブログサービスにしても、何かしたそういった工作はしていると思われますよ。初心者に、続ける動機付けをあたえておかないと、せっかく導入した広告リンクが増えませんからね。

 ブロガーが記事を投稿してくれることで、広告リンクが増えていくわけですからね。質より量ですな。ブログ業界も、生き残り(っていうか黒字化のために)必死なんでしょう。

 特にアメブロの場合。有名人のオフィシャルには、炎上防止のために、コメント欄を人海戦術でフィルタリング対応しているので、その人件費もバカにならんでしょうからね。

 いわゆる、「知らないほうが幸せなこともある」ってことなのでしょうね。

 知らない人のほうが大多数であり、いい意味で、ありがたいお客様ですからね。知ってる人で、そーゆー企業に金落とすような人は少ないでしょうからね。
スポンサーサイト

違和感は、そこが個人のプロフィール欄だからでしょうか 

はてブ更新時刻のこと - takoponsの意味

 行動(活動)履歴が分かってしまうのが嫌なのは、そこがプロフィール欄だからではないでしょうか。

 プロフィールって、自己紹介じゃないですか。自分で自分を紹介するところ。だから、紹介する内容の選択権は、本来、本人にあると思うのですよ。

 行動履歴を時刻入りで紹介したいかどうかを、本人の意思で反映させていればいいのですが、一律に時刻入りになって表示しているのがいただけないのですよ。だから、時刻の表示/非表示または、行動(活動)履歴の表示/非表示の選択権が欲しいのだと思います。

 ID によって全てのサービスの行動が繋がってしまうはてなのサービスでは、そういった繋がりやすさはあだになることもあります。これとこれのサービスは表示してもいいけど、このサービスはダメ。って選択肢はあっていい。というかむしろそうあったほうが、ユーザーには、優しいですよね。

 そーゆー配慮って、はてなには昔から足りませんよね。やってからクレームがあって、そこから考えて、対応する。そろそろ、そこから一歩出て、やる前に配慮しておくってのが、必要なんじゃないでしょうかね。こんなことばかりしていると、ユーザーにいつか愛想付かされると思うんだけどな。ってのも毎回言われているから感覚麻痺してるのかな。

はてなの新サービス(機能)で何だかまた揉めてるご様子ですね 

Myはてなにお気に入りユーザーの最近の活動が見られるアンテナ機能を追加しました - はてなの日記 - 機能変更、お知らせなど

 はてなの諸々のサービスを利用した活動履歴が、時間軸で一覧表示されてしまうようですね。

 これ最近知ったのですが、まぁ、はてなならやりそうなことですね。これといっておかしくは無いですね。むしろ、騒いでいるのが不思議なくらい。どんだけ、はてなを信頼(信用)してるんだろうね。過去に何度も、ユーザー無視していきなりサービス開始して、同じようなことしてきてるでしょうに。

 もっとも「あぁ、またやったのね。」と思えてしまうのは、はてなをちょっと離れてみてるからいえるのだろうけれど……

 ユーザー間の繋がり重視と何でもオープンにしたがるのは、はてなの特徴でしょ。個人情報(これすら以前問題あったし)以外の公開活動が丸裸になる覚悟が無ければ、はてなを使うのは危険ですよ。

 また、繰り返しこーゆーことを書くはめになりましたね。後、何回書くのかなぁ

 ちゅーか、そろそろ書く気も起きなくなるくらい、はてなに無関心になりたい今日この頃。

[関連]
 ・ブクマ数0のユーザーをおすすめユーザーに薦めないで欲しい
 ・はてな市民制度、市民メダル導入記事のファーストインプレッション
 ・本当に一般の人をはてブに引き込む気があるのだろうか?
 ・はてなのサービスを使うには遊び心を持つ余裕が必要なんだよね
 ・規模がもう限界を超えてるんだろうね。
 ・あぁ、やっぱりはてなスター怖い

規模がもう限界を超えてるんだろうね。 

と、いうわけでここが本当の移転先です。
何も知らないユーザーに対する配慮が全くないわけですよね。はてなは今まで情報を集約させてユーザーを惹き付ける路線でいてそれが魅力だったのに、急に「もう自分たちのキャパではどうにもなりません」的な宣言しはじめたから潮時なのかなって思う

 既になんというか、昔の少人数体制ではない、はてなに期待はあまりできないんじゃないかな。小回りが利かないと言うか、ギークなユーザーと仲間内みたいなノリで作り上げていくには、ちょっと大きくなりすぎたと言うか。これ以上大きくなろうとしていくうえでは致し方ないかな、とも思う。

 もうコアなユーザー相手だけじゃ無理なんだろうね。だからもっとユーザーを増やす。アクセスを増やす。その為にどうするかで、切り捨てるべきところを探しているのでしょう。

 はてなは、メインのサービスとしては使ってはいけない。前からクドイほど言い続けてることだけれど、結局やっぱりそうなんだよ。はてなのサービスとは、少し距離をとってちょっと外側から眺めながら、ちょこっとだけ新しいサービスとか、よさ気な感じなサービスに手を出しながら試し試し使うのが一番面白んだと思うよ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。