『斬(ZAN)』

主に Web(ウェブ),ブログ(blog),サイト,ニュース,CGM などネットで視た様々な出来事を『斬』りますよ。
2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

あえて今、ブログで記事を書くほうがいいかもしれない 

 最近では、ちょっと前まで面白いブログ記事を書いていて人気だった人が、Twitter に移行してしまい、さっぱりブログの更新をしなくなってしまった、なんてことをよく見聞きしますよね。

 しかし、その Twitter のお陰で、面白い記事は、Tweet や RT で紹介され、一気に話題になって注目されたりします。

 つまり、今、面白いブログ記事を書けば、前よりもライバルは少なく、目立つことが可能な状況とも言えるのではないでしょうか。

 時間をかけてじっくり仕上げたブログ記事を書くことをしなくなってしまった人たちが増えれば増えるほど、そのチャンスは広がるといえるのですよ。

 ただし、あなたが Twitter 系サービスに嵌ってしまい、ミイラ取りがミイラになってしまったら仕方ないんですけれどね。

 それと、もし書くのであればそれは、あくまでいい記事ではなく、目立つような面白い記事を書くことでしょうね。

 Twitter という新たな話題元ができたことは、ブロガーには凄くメリットになるのではないかと思います。

 個人ニュースサイやはてブなどのソーシャルブックマークに匹敵する集客力がありますので、これを利用しないのは、ちょっと勿体無くもあるのではないでしょうか?


[関連]
 ・Twitter / FUJIPON: 本当に言いたいことがある人は、いまこそブログを書くべ ...
スポンサーサイト

あえてブログ脳に戻る必要は無いと思うよ 

webの居場所の儚さ - 遥か彼方の彼方から

 それくらいの距離感が一番イイのでは?と思いますがね。なまじ変な期待をされると義務感生まれて居心地が悪くなることもあるからね。

[関連]
 ・ネットのバーチャルは打ち上げ花火の切なさ - 『斬(ざん)』

そんなこと意識したことないですねぇ 

PDCAを意識し過ぎるとブログは書きにくくなる - 煩悩是道場

 ブログに、そんなこと求めちゃいかんですよ。いや、出来る人は勝手にどうぞですがね。

 タダですら継続させることが難しく続かないブログなのに、そんなたいそうな戦略なんて持ち込んでも意味ありませんてば。個人の趣味ブログ程度でわさ。

 ブログは、生存確認のためにある。でいいのですよ。記事の内容とかどうでもいいんですよ。そのブロガーが生きていたことが分かる。それだけでいいのです。それだけで十分なのです。

 それ以上を望んではいけませんよ。欲をかいて望むから続かなくなるんです。

不幸自慢かどうかよくわかりませんが…… 

ノイズなツブヤキ これもいわゆる不幸自慢

 いろいろと言及をいただいたので感想というか補足というかを書いてみる。

 このブログを読んでいる読者で、どこのだれだかわからないような人が、記事を読んで勝手に傷付くということに対しては、それ程というか、あまり気にしていませんね。というか、そういったことには実感が沸かないです。

 おおよそ、そーゆー類のものは、「クリリンのことかー」だったり、勘違いだったりが多いことでしょう、たぶん。

 気になるのは、よく知らずに親しくなってきて、ある日突然「斬」られて、傷付かれることですかね。

 ここのブログのような公開の記事は、ある程度の推敲もしてますし、ブログ暦も書き方もそれなりに重ねてきているので、慎重にはしています。

 しかし、Twitter などの恣意的な発言になりやすい場合は、感情がストレートに出やすいので、どうしても語彙が荒くなったり、言葉遣いが汚くなったりしがちです。

 軽く書いたつもりでも、読んだ人には凄くキツく感じる事もあるのは、経験しているので分かっています。

 有名ではないので、ある程度キツイ発言をしても、それ程話題になるようなことも無いだろうし、それでリアルに支障をきたすことも無いでしょう。けれどウェブでのコミュニケーションにおいては、支障が出るでしょうから、そちらを留意してるということですね。

 それと親しい人に程、気軽になって、ついうっかりキツイ発言をしてしまう傾向もあるようです。何でもズバッと、書いてはいけないような本音を書いてしまうとか。

 一定の距離感を保って、ある程度客観視することが求められると思うし、何より自分が嫌ですからね。そーゆー親しい人との揉め事ってのは。
斬さんがそういった経験をしているとはどうも思えないんで、やっぱり私よりは斬さんの書くものって、そんなに他人を傷つけるものじゃないと思うんですけどねえ。

 いやいや、最近はおとなしくなった(?)かもしれませんが、goo の時には、今考えると結構ヒドい事してると思いますよ。まぁ、価値観の違いというかですけれどね。親しくは無いけれど自分の書いた記事やコメントが原因でブログ閉鎖した人も何人かいましたしね。

 goo から離れて、他のブログに移行して、うまく縁を切ろうとした人もいると思われますし。

 まぁ、ウェブ上での様々な経験上、Twitte の恣意的発言は要注意で危険であると、直感で思うということです。

 それと、公開記事では、どうしても言い切れないというか吐き出しきれない部分を、非公開のつぶやき(というかぼやき)で補いたいというのもあるのかもしれません。ただ、チラシの裏程度でも、客観視できる場を持っていたほうがいいので予約投稿してるのです。誰かが見る以上はね。
[タグ] ブログ論 Twitter
[ 2009/10/28 18:18 ] weblog | トラックバック(0) | コメント(0)

ニコ生主がブログ作るとほとんどアメブロな件 

 なんでだろうね。ニコニコ生放送の生主が、放送はじめてしばらくするとブログを作ったと言い出すことをよく見かけるんです。そうするとそのほとんどが、アメブロではじめてるんですよね。FC2 とか ヤプログ とかもあるけど、目に付くのは、圧倒的にアメブロ。

 やっぱり、芸能人のブログとか見てると、アメブロが多いからその影響で、ブログはアメブロってなるんかな。

 あ、ニコ生とは関係ないけど、美人すぎる議員さんもいつのまにかアメブロに引っ越してやってますね。

復活した個人サイトに、あまり期待してはいけないよね 

テキスト王 - 復活を果たした個人サイトにわくわくしない理由
再開に至った理由――閲覧者が運営者の書く再開宣言の裏に見ているもの――というのが大抵の場合、“不特定多数の人に自分自身を見てほしいという自己顕示欲を抑えきれなくなった”からであり、ファンが望んでいる“もう二度と物を書くつもりはなかったが、また新しく書きたいものができた、創作意欲を抑えきれなくなった”ではないからだろう。

 まぁ、それ程期待されてる個人サイトではないけど、経験者として書いてみる。ここで書かれてる個人サイトの定義がよく分かりかねるけど、“不特定多数の人に自分自身を見てほしいという自己顕示欲を抑えきれなくなった”ってのは、特に無いんだけどなぁ

 リアクションが欲しいってのはあるけど、それは自分自身を見て欲しいにつながるのかなぁ?

 結局は、好きだからやってるって以外に無い気がする。自己顕示欲が無いとは言わないけど、それ程前に出て行くタイプじゃないし、どっちかってーとひっそりこそこそしてるほうだからなぁ

 では、なぜ好きかってことになるけど。好きに理由は無いよなぁーと。書きたいから書いてるし、ブログで投稿したいからしてるってだけかな。コンセプトが「継続は力なり」に換わってからは、内容よりも、どうやったら継続させられるかにその興味が移ってるからなぁ「個人ブログの立ち位置ってのは、生存報告くらいなモンでしょーね。記事の中身、内容なんてのは、どこまでいっても五十歩百歩ですよ。」(今、いえるとすれば個人ブログの価値は内容じゃないってことかな)と書いたように、ウェブ上のどこかに、居続けること、そのベースとなる場所が、今はブログってだけなような。

 再開時のサイト主と読者間のテンションの違いってもあるような気もするけどなぁー

 気合入れて「前よりもっと!」って思いでやるのか、「今回は、ほどほどにやっていこう」って思うかの違いもあるかと……

 サイトの盛り上がりには、サイト主の実力も確かにあるけど、タイミングってのもあるからねぇ 必ずしも前凄かったからといって、再開してまた再開前や再開前以上に盛り上がれるかってのは微妙だよなぁ

 多くの場合は、偶然の重なりであって、実力+運もあるから、よほど強運の持ち主か時代を超えた実力の持ち主でなければ難しいものがあると思うんだけどね。

 そーゆーのって、個人サイトに限らず、全てのことにいえることじゃないかと。バンドとか芸人に当てはめてみれば分かりやすいのでは。

 個人サイトなんてほどほどが一番ってことに気が付いたほうが楽ではあるんだけどね。

今、いえるとすれば個人ブログの価値は内容じゃないってことかな 

個人ブログが目指すべき価値 - 遥か彼方の彼方から

 個人ブログが目指すというか、個人ブログの立ち位置ってのは、生存報告くらいなモンでしょーね。記事の中身、内容なんてのは、どこまでいっても五十歩百歩ですよ。

 多くの人にとって価値がある記事とたった一人にのみ価値がある記事のどちらにはたして価値があるかってのは、決められないことだからね。

 個人ブログは、目指すとか無くていいよ。どうせ頑張っても頑張らなくてもそれほど大きく変わりはしない。99.99%の個人にとってはね。残りの0.01%のためのブログ論はいらんでしょ。

 だから、その人がいつからいつまでブログで記事を書いていた。または投稿していた。その記録にのみ価値がある。というくらいの位置付けでいいと思います。それを同時期に読んでいた。関わっていた。知っていた。知ることが出来た。それくらいでちょうどいい。

 それなら、だれにでもブログをするハードルは低い。長く続けても三日坊主でも、一千年レベルで考えれば、どっちもどっちですわな。しょせんそんなもんだよ、個人ブログなんてのはね。

 必死になってやるもんじゃない。趣味レベルでいいのさー

ブックマーク予測が的確に出来るようになれば個人ニュースサイトは終わるのだろうけれど…… 

バイクを選ぶ CM ってどこのだったかな』のつづき。

個人ニュースサイトを終わらせるには - ブログ執筆中

 結論は、決定回避の法則を採用して、
「何もしなくても、自分好みの情報を勝手に集めてくれて、随時提供してくれる」
本当にウェブに望まれているのは、受動されること

になってしまうんだけどね。

このブログで起こって欲しいこと。 

わたしのブログで起こって欲しいこと - ネットランダム

 なんとなく『未来の○○のために。』(検索元:『斬(ざん)』「未来」ブログ内)を思い出した。

 それと、丁度、リンク先記事読んだ同じ日に観た『言戯3: 「なんちゅの謎」解明編』みたいなのっていいですよね。

それでも彼らは続けるだろう 

痛いニュース(ノ∀`):FF11、バグを利用してアイテムを複製した500人の廃人を強制退会処分に

 うーん、なんだか凄いことになってるようですね。強制退会させられてますが、これ新規アカウントって作ることが可能なんでしょうかね。もしこれで彼らが、FF11をもうオンラインで出来ないとしたらどうなるんでしょうかね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。