『斬(ZAN)』

主に Web(ウェブ),ブログ(blog),サイト,ニュース,CGM などネットで視た様々な出来事を『斬』りますよ。
2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

もうパソコン買ったからスペックなんてどうでもいいはずなのにね 

 BTO でパソコンを買うために、各 PC パーツを選んで探していたため、その癖がついてしまったようで、今でも惰性で続けています。

 そうなってくると、やはりパソコンの世界ですから、直ぐに新しくて、付加価値がある優れたパーツが現れてきます。

 これは、結構精神衛生上よろしくありません。自分の買ったパソコンのスペックが、どんどん時代遅れになり陳腐なものに思えてくるのです。

 今回も、CPU で Intel から Pentium Dual-Core の E6300 が出てきて、E5200 持ちとしてはちょっとショックではあります。さりとて、これは仕方が無いことですし、今さら換えることもありません。

 VT(仮想化支援技術)が、付いたことで今後、Win 7 が発売されたときには、ゲスト OS を稼動させることが出来るようになりました。

 でも、このゲスト OS って、Win 7 の Business か Ultimate クラスに搭載可能予定らしいので、一般的に使うには Home Premium クラスになるだろうから、使うことってあまり無いような気がします。

 もっとも、XP をゲスト OS で使ってみたいとは思いますが、これも興味があるってだけで実際に使うかどうか微妙ではあります。

 それで、E5200 クラスを持ってる人達って、ほかにも E8XXX 系などを持っていれば別ですが、こういった VT みたいな機能ってあまり関係が無いように思うんですよね。もっとも、あればあったでそのほうがいいのですが、使うかどうかは微妙ってところ。

 ただ、可哀想なのは、C2D の E7XXX 系を買ってしまった人でしょうか。E5200 なら安いと割り切れますが、C2D E7XXX 系はそこそこする CPU ですので、VT なしはちょっとつらいと思われます。

 やはり、C2D E8XXX系を選択しておけば、最初から VT 入ってますから、Win 7でも結構使えるんじゃないかと思われます。

 E5200 の人なら、もしもだめなら、しばらくして CPU を載せかえるってのが、気軽に出来るのでその分、気は楽ですね。もちろん、Win 7 でそこそこ動いてくれればそれが一番いいのですけどね。Win 7 が出ても当面 OS は、XP のまましょうから、それほど気にしなくてもいいのにね。
スポンサーサイト

さて CPU はどれにする 

 BTO 関連です。とりあえず、intel です。C2D です。C2Q と Ci7 は今の自分にはオーバースペックです。必要ないです。

 なので、E8400、E7400、E5200 が候補です。あ、ちなみに E5200 は、Pentium Dual-Core です。しかし 45nm 世代の Core 2 Duo と同じ Wolfdale コア なのです。SSE4 ってのが入ってないのです。その SSE4 ってのは、
SSE4って何?
Streaming SIMD Extensionsの略で、1回の演算で複数データを一括計算するための拡張命令のこと。CPUと共に進化し、45nmプロセスルールCPUに搭載している最新版は「SSE4.1」、以前は「SSE3」です。

難しい言葉になりましたが、要するに動画のエンコードなど大容量計算を行う際により速くなる計算方式を搭載したと考えればOKです。Core 2 Duo E8400など、45nmプロセスルールCPUから搭載されており、SSE4に対応しているソフト(動画エンコードソフトで、代表的なTMPGEncなど)での処理速度が向上します。
9.動画エンコードに有利な拡張命令SSE4.1 | 45nmプロセスの最新Core 2 Duoを試す

 ってことで、動画のエンコードなど大容量計算では威力を発揮するそうです。しかし、そんなことしませんから、SSE4 なんてどうでもいいんです。結果、E5200 がお値段的にもお徳になるのです。

 最安値

 E8400 15,813円
 E7400 11,520円
 E5200  6,670円
 (2009/02/14現在)
 参考:価格.com - Core 2 Duo E8400 BOX、Core 2 Duo E7400 BOX、Pentium Dual-Core E5200 BOXの比較

 もうビックリです。普通に使えば体感差はほとんど感じないでしょうから、この価格差は恐ろしいです。こう考えると、3D ゲームも動画エンコードもしないで、ネットでたまに、人気になったニコ動とか Youtube 見てるくらいの人には、E8400 なんて今はいらないんです。

 ただ、先々を考えて、マザーボードは、Q9550s くらいまで載るのを選んでおく必要はありそうです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。