『斬(ZAN)』

主に Web(ウェブ),ブログ(blog),サイト,ニュース,CGM などネットで視た様々な出来事を『斬』りますよ。
2007 05123456789101112131415161718192021222324252627282930312007 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

問題の本質はコストだと思うよ 

Windows 7のXPモードはなぜすごいのか (1/2) - ITmedia News

 なぜ企業が VISTA にしないかっていうとね、表向きの理由は、互換性とか既存のソフトが動かないってことだけど、実際は違うのよ。VISTA が悪いって訳でもないのよ。悪者にしたいだけなのよ。

 XP で無問題だから、特に変える必要が無いのよ。つまり、OS を変えることによってメリットとデメリットとどっちが大きいかってことなのよ。

 そう考えると、OS (VISTA)買って、旧バージョンと互換性の無い Office に高い金出すってことに対するメリットなんてほとんど無いのさ。

 新しい OS を使いこなすための教育費。システム再構築費。それらを補う効率改善。このコストがバカにならんのですよ。

 そんなことにお金かけるくらいなら、まだ OOo にしたほうがいいのよ。そーゆー企業も出始めてるし。

 つまりは、金払って入れるメリットがあるかどうか。それが企業にとって利益をもたらす魅力ある OS であるかどうか、その一点なんよ。

 パソコン嫌いな経営層だって未だにいるわけだし、使いこなせる層なんてまだごくわずかですよ、実際(使いこなせる層は、ここでは、IT パスポートに受かるくらいのレベルとしようか)。

 そんな中で、パソコンに向かってると仕事の効率が上がるかっていうと、そうでもないわけ。なんとなくパソコンで作る資料とか綺麗に出来ちゃって仕事できるふうに見えるけど、エクセル、ワード、パワーポイント。これのどれをとっても、重要な中身のある資料が短時間で出来る可能性は低いのよ。いや、作れる人もいるけど、多くの人は、体裁は整えてるけど中身ない場合がほとんどなのよ。その体裁を整えてる時間ってのが、バカにならないのよ。

 それを、管理職連中は気が付いてて、パソコンで資料作ってると無駄な時間かけて中身の無いもの作ってんじゃねーよ、になるのですよ。

 さらに、ここで OS を変えたりすると、それだけで、また置いてけぼりくらうし、部下に教わらなきゃならないし、意地でもそれが嫌ならまた独学で覚えなおす努力が要るわけ。

 そんなことまでして、新しい OS が必要かどうかっていうと、金を出すお偉いさんからすれば、必要ないだろうってことになるのよ。今の XP で何が不満なの?になる。

 ましてや、Win7 にすれば、スペックを VISTA 並に上げなければならない。コスト抑えたい経営側からしたら、新しいパソコンなんて入れたくはないのさ。XP で動いてくれる今のスペックの既存 PC のほうがいいわけ。

 だから、XP より魅力あるスピードと操作性と恵まれたソフトと新機能。これらがなければ、新しくする必要性が見出せない。

 結局は、そこに行き着く。ただセキュリティの問題は確かにある。しかし、ここを理解できる経営層ってのは少ないのよ。「何とかしろ!」で終わりなんよ。

 つまりは、新たに OS やパソコン+付属ソフトなどのシステム再構築にかかる費用対効果がどうかってことなのですよ。

 それが、会社の利益になると説明できれば、OS を変えることは、いとも簡単に実施されるはずさ。

 Atom やセレロンでサクサク動いてくれて、必要最低限のソフトとネット操作が出来る OS が出来れば、そっちのほうがいいよね。VT なんて OS 代が高くつくだけでしょ。
スポンサーサイト

OS クリーンインストール復元手順 

(自分用覚書、チラウラです)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。