『斬(ZAN)』

主に Web(ウェブ),ブログ(blog),サイト,ニュース,CGM などネットで視た様々な出来事を『斬』りますよ。
2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

“Twitter”に換わる何かを探して 

早すぎたCGMサービス「オルトアール」の話(その6) | トーキング.jp -対談ブログ-

 正直、“Twitter”をほとんどやっていないのに、こーゆーのを書くのは、的外れなのかもしれない。だけど、ではなぜ“Twitter”をやらないのかを考えれば、自ずとどんなウェブサービスなら自分が食いつくんだろうか?ってことの答えが出てくるんじゃないかと思ったのですよ。

 それで出た結論から言うと、音声認識して文字に落とし込んだタイプの“Twitter”ならいいんじゃないかと。

 ニコニコ生放送を最近よく好んで観ているのですが、文字文化と違って、映像、音声文化ってのは、情報量が桁違いに多いというのを実感するんですよね。

 文字って言うのは、表現が誤解されやすいし感情も伝えにくい面がある。しかし、映像、音声は結構正直に出てしまいます。もちろん、それを騙すようにして悪用することも出来ますが、それはコミュニケーションツールとしての使い方として、ちょっと違う使い方なので、はずして考えることにします。

 あと、音声ならケータイ文化が既にあるし、話すだけだから文字を入力するといったわずらわしさがありません。

 ただ、映像や音声というのは、文字と違って一目では分らず、ある一定の時間を拘束されるわずらわしさがあります。つまり、観て(聴いて)みないと分らない。そこに敷居が一段ある。文字ならちょっと読めば、読む/読まないが判断できるし、つまみ読みや後で読むも出来る。これは、文字のよさですよね。

 それなら、お互いのマイナス面を補うってのが一番いいわけですよ。そこで、自動音声認識して文字に起こすタイプのツールがあればいいのではとなるのです。

 “Twitter”の呟きなどに照らし合わせて同じように、話す時間(尺)を15秒とかに決めて一投稿とする。それを、自動で文字に起こして表示する。それに音声や映像とあわせて見聞きしたければ、視聴できるようにする。“Twitter”にある @ や RT も認識音声をあらかじめ決めておけば代替可能ではないかと。

 これをもしケータイでサービスとして作ったらバカウケしそうなんですけどね。今ならケータイで動画も撮れますし。画質なんてそれ程いいものは必要ないでしょう。高画質が必要なら PC からも出来るような工夫をすればいいし。あと、映像はサムネとか一部を切り取った画を貼れるようにするとかね。

 投稿は、音声、映像にして一々文字入力をしなくてもいい。そして見る場合は、文字や絵でも見られるから内容が瞬時に分りやすい。もちろん、音声、映像を観ることも出来る。

 音声を文字に起こすのは、まだまだ難しい問題がありますが、だいぶ進化していると思います。それにある程度の誤字なら解読できて内容が分りますし。

 こういったウェブサービスが出来上がれば、かなり面白くなると思います。ただ、このサービスを作って収益をどうやってあげるかってのは分りませんけれどね。

 使う側として、“Twitter”に換わる面白いウェブサービスは何かを探していたら、こうなったという感じです。
スポンサーサイト
[タグ] CGM Twtter
[ 2009/08/28 18:18 ] ウェブの話 | トラックバック(0) | コメント(4)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。