『斬(ZAN)』

主に Web(ウェブ),ブログ(blog),サイト,ニュース,CGM などネットで視た様々な出来事を『斬』りますよ。
月別アーカイブ  [ 2009年07月 ] 
≪前月 |  2009年07月  | 翌月≫

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ニコ生観てて気が付いたこと 

 意外とマスクって顔隠せるんだなってこと。マスクしてる人からイメージした顔と実際にマスクはずした顔とでは明らかに違うことが分った。

 後もう一つ分ったのは、イメージした顔のほうが理想だから、やはりはずした顔のときのほうがガッカリする率が高いということ。

 でも、素顔を知ってる知り合いからすれば、マスクくらいで隠しても、声や雰囲気で、直ぐバレるだろうけどね。
スポンサーサイト

なんとなく似てる言葉 

「レミラーマ」と「てじなぁ~にゃ」は似てるよね。

ニコ生で偶然拾った生主発言で面白かったもの 2 

「企画モノなんてやめたほうがいい。どんどんやることが過激になっていくだけ。でもそれも何度かやれば飽きられるから、そのうちやることがなくなる。だから企画モノなんて最初からやらないほうがいい」

 まったくもってそのとおり。ニコ生の過激さは異常です。ちゅーか、異常過ぎます。ほとんど法令違反ぎりぎり(中にはアウトなのも)。規約違反なんて問題じゃない。捕まってないだけにすぎない。

「いまから刺しにいく」とか、「裸配信」なんて単語が飛び交ってるんですからね。で、そのほとんどが釣りなんだけど、中にはマジがあるから怖いんだよね。

 そう、このあたり、ネタと割り切れるかどうかは、まさに紙一重。企画が過激になればなるほど、犯罪に近づいていきます。

ニコ生の世界はアホみたいにサイクルが速い 

 いやいや、2008年12月から始まってるニコニコ生放送ですが、生主さん達の中には、すでに古参が存在する模様。えーと、まだ始まって半年ですよね。

 それで、すでに古参ってのが発生してるってのが、凄いサイクルだわ。その早さには驚く。

 確かに、動画で顔出しありもある配信だから30分の枠を何回もやれば、テキストなんかより伝わる情報量の違いは桁違いでしょう。だから新陳代謝が非常に早い。生放送を始めてから終わる(引退とか辞める)までもまた然り。

 かなり運営も未整備でカオスな状態なので、問題山積みでサバイバルしてますね。このまえ、800枠に増えて何とかちょっとまともになってきていますが、これから夏休みの間に、小中高大生がらみで、なにやらきな臭い状況は続きそうですな。

 なんというか、中高校生の一年のサイクルの速さみたいな感じですかね。濃過ぎです。だからその分面白いけど、危険極まりない状況です。観る分には面白いけど、生主になると、ちょっと無防備にしてるとトンだトラブルに巻き込まれかねない。

 ひと夏の火遊びが、大火傷にならなければいいんだけどね。

ニコ生で偶然拾った生主発言で面白かったもの 

「腐女子って最近使われ方が変わってきてるよね。本来はBL好きを指すのにオタクな女子全般を指すようになってきてる」

 たしかにそれは思う。同人誌だって字面が悪いから、同性愛を描く雑誌という意味合いにも取られがち。もっともコミケでは、BL系の同人誌は、よく売れるのだろうけれども。

 同人誌=オタク=BL=腐女子 (女子の場合)

 といった、イメージがにわかに定着しつつあるのを感じる今日この頃ですな。

 アニオタな女子でも腐女子ではない人もいると思われる。まぁ、潜在的に潜んでいるが覚醒していないだけなのかもしれないのですが、それはまた別の話。

「ホモが嫌いな女子なんていません!」ってのがほんとかどうかは……

 腐女子ではないオタクな女子には、そう見られるのは辛いでしょうね。


[参考]
 ・「ホモが嫌いな女子なんていません!」ってほんとですか? - 人力検索はてな
 ・コトノハ - ホモが嫌いな女子なんていません!

日本人のスタンプラリー好きは困ったモンですな 

 なんていうか、企画としてはいいんだけど、これに金儲けが絡むと怪しくなるんだよね。目的と手段がこんがらがる。

 スタンプを集めることは、イベントの一つでいわばサブイベントに過ぎない。しかし、いつしか当初の趣旨からそれて、スタンプを集めることが主たる目的となってしまう。

 何かと収集マニアが多い日本では、「コンプリート」させることに凄い価値を見出してしまう。金儲けが絡むとこういったイベントは、収集マニアの財布の紐をゆるく出来る魔法のツールと化してしまう。

 これらをコレクションと化して「コンプリート」させたものが、高値で取引されていたりもする。

 スタンプを集めることが目的化すると、さまざまな問題が発生する。その短絡的な思考ってのは、どこからくるんだろうか?

 結果重視で、過程を楽しめないってのは、どこか病んでるよね。こーゆーときこそ「モノより思い出」って言葉が合うと思うんだが。

ニコニコ生放送は出会い系なのか?? 

livedoor ニュース - 【トレビアン】ニコニコ動画が出会い系サイト化? ニコニコ生放送で出会い

 まぁ、正直ニコ生始まってはじめての夏休みはかなりヤバイだろうってのは、分ってたな。オフ会もお泊りで出来ちゃうからねぇ

 といっても、今回取り上げられたこの二人は、人気(ってか、目立つ存在の)生主さん同士で、二十歳過ぎてるからねぇー もっとも、ちょっと今回は過激な配信が目立ちましたけど……

 でも、これと同等かそれ以上のカオスな状況ですよ、今のニコ生の一部は。女性では下着が見えたり(見せたり)水着配信とか、ごくたまにあったりするしなぁー 男でイカれてる奴も結構いるしなぁ。

 みんな「神枠」(神と呼べるほど内容が濃い面白い放送)を作ることに全力ですからね。 

 なんというか、もうそういった状況で、通常の感覚では無いですよ、一部のそーゆー人たちは。釣りとかネタで企画して生主同士でもいろいろやってますからね。

 今回のこれだって、結果として何かの釣りの伏線の可能性だってありえるんですよ。

 つまり、ホントありのままを晒して身を削ってる人たちがいるんですな。満員放送を得るためには何でもありですわ。

 これで、この二人が、揉めたとか、分れたとか、浮気したとか、その手の話題が次のネタになりますからね。もちろんラブラブ配信もあるでしょうけれど。

 で、実は釣りでした、分かれません。とか、浮気はうそでした。とかもネタになる。他の人気生主も絡んできて全部それらが仕込みになっちゃうんですよ、彼らにしてみれば。揉め事やハプニング大好きなニコ生リスナーですから、そんな話題だと人が集まるんですわ。だから、そうやってあることないことネタにして企画にして遊んでるのですな。

 ただ、この一例だけをもってして、出会い系っていうには、行きすぎかな。確かに、ちょっとアレな出会い厨な人たちは、生主にもリスナーにもいるけどね。

 多くのニコ生主は、健全ですよ。一部の目立つ存在に、そういった過激なネタをする人たちがいるから、話題になってそれがニコ生全体のように見えちゃうけどね。800枠中の多い時で5~10程度(ただ、そこの集客数が、80:20の法則の20側なんだよなぁー)。

 ただ、顔出し配信だとスカイプによるコンタクトでチャットや IP 電話があるから距離が簡単に縮まるのは事実。そこに危険が無いといったらうそになるけど、それはもう自己責任な範囲だし。取りあえず18歳未満は顔出し放送禁止ってのは賛成かな。親の同意があればいいだろうけれど。

 前にも書いたけど、かわいい女の子の顔出し放送は特に危ない。女子中高生辺りだと、今から初心者ではじめるのは危険すぎ。

 何とか初心者生主にはコメント入れて知識上げるように誘導したり、空気がエロ方向に行き過ぎそうなのを抑えるようにしてるけど、所詮一匿名コメンテーターでは限界がある。スカイプで放送後にサシで会話してたら、介入の余地無くうまくやり込められちゃう可能性もあるからね。うまいこと信者リスナーが付いて生主を出会い厨や荒らしたちから守ってくれる方向に向かえばまだいいんだけどね。まぁ、その信者だってどこまでどうだかだしな。

 せっかく面白い配信する生主さんが、そういった色恋沙汰に巻き込まれていくってのは、見ていてあまり気持ちのいいものではないからな。まぁ、出会い目的の女の子ならどうでもいいけれどね。そうかどうかは、配信見ててもよく分かりかねる部分はあるしな。

 根源的に、あまり主たる目的の無い放送主体の女生主には、さびしがり屋と構ってちゃん気質が存在してる傾向が強い。そこが問題を起こす要因のひとつではあるんだけどね。

 でも、くどいようだけど、そういった問題ありげなニコ生主は、ほんの一部ですよ。その他は、健全で規約をちゃんと守って放送していますからね。

 一部に出会いを求める人たちがいるのは、どこの CGM 系のウェブサービスでも一緒じゃないかと。

[関連]
 ・『斬(ZAN)』 ニコ生はカオスなところが面白くはありますが……

そろそろ更新ペースを落とそうかな 

 いや、今回はマジだな。もうネタが全部ニコ生しかないわ。ちゅーか、もうちょっと面白そうな感じなこと思いついたので、そろそろブログへの時間割を変更です。

 ニコ生観てて思ったことは一つ。CGM では目立ったモン勝ち。いかに自分を目立たせ売り込むかだ。名前をどれだけ売れるかってことだね。良きにつけ悪しきにつけね。

 この記事も前日に書いててもうネタが無い。ちゅーか、草稿途中なモノばかりあるのだが、推敲してる時間と根気が無い。みな途中でとまってるわ。

 てなことで、今月いっぱいは出来れば毎日更新で行く予定、来月からは知らね。

あかん、ニコ生にハマって記事書くひまない 

 こりゃー、当分まともな記事はないな。めちゃめちゃカオスで面白い。いろんな意味でね。

ニコ生はカオスなところが面白くはありますが…… 

ニコニコ生放送?エゴエゴ生放送でも改名しろよ - ネットは所詮「脇役」
 まぁ、運営サイドがやってる公式放送については、コメントまったく拾わない(ちゅーか拾えない)ので、意味無いってか、コメントで盛り上がりを判断するくらいの役目しかないな。

 運営がコメントで煽動するけど、的確にいい質問やコメントなんて、所詮遊びで観てる素人に打てるわけがないわな。運営側でサクラでも使って誘導せにゃ無理でしょうな。

 で、素人の一般の生放送は、面白いよ。カオス過ぎてね。もうねー、素人が個人で始めるんだから、そのほとんどが gdgd の無意味な放送ですよ。

 面白いのは、ハプニングのみ。それも、規制違反の行き過ぎた行為を期待してのもの。これは、ニコ生では、BAN といって、アカウントを消されて、コミュニティも消されることを指すします。生主(生放送を行う素人の人)は、目立ちたくて売名目的の一つとしてよくやります。まぁ、下世話な下ネタ関係が多いですね。

 それ以外では、生主のリアル個人情報の特定。どこに住んでるとか、どこに勤めてるとかを特定したがる人達がいて、ポロっとつい話してしまう生主の情報を拾い集めて特定します。

 中高校生や大学生など未成年では、まだ、その危険性をよく判らずに放送していて、観てるこっちがハラハラする場面も何度か目にします。

 もともとかなりカオスな面があって、人気の生主同士でコミュニケーションを取りあってて、放送内でもコラボしたり、オフ会をそのまま流したりとかなり交流が盛んでもあります。まぁ、そうでもして企画を作らないとマンネリで面白くならないというのもあると思います。

 それと、これは観測範囲内だけなのですが、異常に精神的不安定な問題ありな人が多いですね。自己顕示欲と承認欲求が強い傾向にあるからなのかもしれませんが。

 本来なら、顔をさらして放送なんて、普通で考えれば今のネットでは危険すぎて出来ないだろう。しかし最初はマスクや仮面などで隠していても、そのうちコメントなどでリスナー(ニコ生では放送を観てる人をリスナーといってます)にうまく担がれて誘導されて、顔を出してしまいます。まぁ、もっとも生主さんが企画がないので、顔出しイベントしたり、何かしらのハードルを自分に設ける(コメント数やコミュニティ登録人数のキリ番越え)ことでまさしく一肌脱いでいくって感じですな。その結果、個人特定されて引退ってなことにもなる。

 あとは、生主同士の色恋沙汰ですわな。どうしても、生主同士で交流することが多くなる。そこから発展することも多い。当然、リスナーともありだし争奪戦もあるから、トラブルを起こしやすい。コメント欄が荒れることもしばしばだし、粘着もある。そういった「出会い厨」(結果としてそうなったのか、最初からそれ狙いかは別にして)も多い。そのトラブルが原因で去っていく人もいる。

 最初は好奇心で始めてみて、途中で息切れして壁にぶち当たってダラダラ続けるか、身を削って上を目指すかになるんだよなぁ。

 だから、もっと、生主全体をフォローできるプロデューサー的役割をする人がサポートしないと危険ですわな。

 少なくとも可愛い女子中高大生は、コミュニティ限定で、それも登録申請の敷居をかなり上げて放送したほうがいいよ。来場者数とかコメント数とかコミュニティ登録者数なんてのは、所詮アクセス数と一緒でまやかしのための数字でしかないからね。そんなものより、変なストーカーや見知らぬ輩に顔や名前を覚えらることのほうがよっぽど損だよ。

 所詮他人の生主が、壊れて不幸になっていくのを、面白がってみてる人も多分いると思われる。そういった、行き過ぎた嫌がらせコメントも見かけるからねぇ。

 似非アイドル気分に浸れたり、芸能人のような気分になれたりしますが、その多くは錯覚です。麻薬的な魅力はありますが、その辺りを勘違いすると、時に大火傷することになりますね。

ゆるさと気軽さと敷居の高さと 

「ご意見有難うございます」だけならBotでも書ける - 煩悩是道場
「ほぼ日」のウェブサイトも大幅にリニューアルしましたけれど、未だにトラックバックやコメント欄の無いスタイルで運営されている事に変わりはありません。消費者が何か言いたい事がある時はメールフォームから書く以外、ない。だけれどもそれで問題が起きていないのはメールマガジンなどで「●●さんからのご意見、有り難うございました」ときちんと丁寧に糸井さん名義でお返事があるからなのではないでしょうか。「ほぼ日」に於ける糸井さんの立ち位置というのは様々なのですけれど、メルマガで消費者から寄せられた意見に答えている糸井さんというのは糸井重里という個人を超えた白石さん的立ち位置のキャラクターとして消費者と「ほぼ日」をブリッジするイコンとしての役割を果たしているように思う。

 コメント欄、トラックバック欄の管理って、運営上無駄なコストになりがち。アメブロあたりは、開放して人的にノイズを取り除いてるけど、回収できるようにトラフィックを稼いだりして 広告収入>人件費 で自転車操業的に回してると思われる。

 個人の場合は、有名ブログなら『極東ブログ: もうコメント欄を承認制にしますよ。みなさんもそうしたほうがいいですよ。』な感じで、トラブルを未然に防ぐってのも提唱されています。

 つまり、「つぶやき」とか「思いつき」を気軽に投稿できるミニブログ系のものってのは、企業にとって身に成りにくいという面がありそうということ。よほど工夫しないと宣伝効果があがらないような……

 ある程度の敷居は上げておいたほうがいい。それでも一過言あるようなら、メールなり問い合わせフォームなりでも、言ってくるでしょう。お客様相談コーナーだって設置しているところも多いのでそちらで言えば済む話。「つぶやき」や「思いつき」は、ヒントにはなっても、そのヒントを得るための玉石混淆をどう峻別するか。

 参加するのと観るだけでも、かなりの違いがあるんでしょうね。1対多の場合は、多をいかに1対1に近づけるようにするかが求められるのだと思います。

 Twitter のゆるさがどこまで許容されるかを、よほど戦略的にリサーチしてシミュレートしてからでないと、ビジネスで活用させる場合は大火傷する可能性もありえますね。

 言ってる事は、ululun さんと一緒なんですけどね。自分なりに整理して書いてみた。

拍手コメントが消えた 

 なぜか拍手コメントが、消えている。最近入った2つがごっそり無くなっている。もちろん、消してはいない。

 運営側で何かが悪さしたのかな。原因不明。明日になったら元の戻ってるかもね。

追記
 どうやら消えてしまったようです。折角うれしいコメントだったのに、残念。

インターネットにネバーランドを持ち出すのはちょっと違うかな 

圧倒的にTwitterを使いこなしている一人勝ち企業が出ないうちに、Twitterを試したい企業は試行錯誤すればいいのに。キーワードは「白石さん・社内横断的なチーム・ASAYANメソッド」 - どんなジレンマ
深い憂慮を表明します。: CONCORDE
示された憂慮は企業に届くように、「Twitter利用をしないと企業は得をする」記事を書かれてはいかがだろう? - どんなジレンマ
純粋であれ!と願うこと。: CONCORDE
インターネットはネバーランドじゃない - どんなジレンマ
そう、だから、営利にも政治にもネバーランドじゃない。: CONCORDE
インターネットでのコミュニケーションに関する違いをぶつけ、見付けた6つのもの - どんなジレンマ

 ディズニーランド(リゾート)としたほうが分かりやすいよね。意図してネバーランドを出したのかはわかりませんが。

 ディズニーランドは、リアルに存在するバーチャルな空間を無理やり作り出しているところ。ネバーランドは物語の中にある空想上の世界。この違いを区別しなければ、いつまでたっても話は平行線で終わりますよ。現実今回の両名のやり取りでもそうなったようですが。

 ディズニーランドには、リアルとバーチャルが混在しています。でも、その場を無理やりバーチャル空間にすることを強いています。そして、そこに訪れる人も、わざわざ高いお金を出してまで、そのバーチャルな空間を望み、溶け込むようにしてリアルから離れて楽しみます。

 もちろん、バーチャル空間を維持しているのはリアルの人々です。

 ネットの世界も同様と考えれば納得できるのではないかと。つまり、リアルとして楽しみたい/使いたい人と、バーチャルで楽しみたい/使いたい人をうまく棲み分けてくれって話でしょ。

 で、リアルの場合はお金に目がくらんだ人たちがどんどん勝手にバーチャルな場にも踏み込んでくる。つまりバーチャルな人たちの楽しみの場を荒らして奪っていくのですよ。それが、深い憂慮を表明ってことじゃないかと。

 ディズニーリゾートにいって、政治がどうのと演説たれられても困るし、この商品はどうのって宣伝されても困るってはなしで、まさにそこは「空気読め」ですよね。で、そうじゃなくって、バーチャルな場のディズニーリゾートでは関連商品は売ってるし、飲食店もアトラクションもあるわけです。そこでは、リアルで商売してる実態があるのですよ。そういった仕組みがバーチャルを維持しながらも作られていて、リアルが存在していても上手く棲み分けられているってことですよね。

 それを、発展途上(なのか?)の Twitter で、よく知らない人達が、ここは人が集まるからいいかもって考えて、演説や商品宣伝はじめちゃう。でもうまくいかなくて散々試して結局「やっぱりここじゃ聞いてくれねぇ、売れねぇ、稼げねぇ」っていわれても、すでに場を荒らし回した後では、バーチャルを楽しんでた多くの人達がいなくなってしまうのでは困っちゃうよねってことじゃないかとね。

 ディズニーは、一企業が管理運営してるからバーチャルな場を徹底できるけど、ネットの世界は混沌としているので、上手く棲み分けなんてできないでしょうからねぇ

 バーチャルな場を意識した上で、政治活動、企業活動して荒らさなければいいですよってことじゃないかと。

 まぁ、ネットで面白いサービスが流行り始めるといつもこれって繰り返されてる話だけどね。

 ネットをバーチャルとして割り切って娯楽として楽しみたい人には、どんどん棲みにくくなってきますよね。多分これからも。

[関連記事]
 ・ズルイや! - 『斬(ざん)』
 ・ネットのバーチャルは打ち上げ花火の切なさ - 『斬(ざん)』

ニコニコ生放送の生主(放送主)さんには"ひろゆき”を知らない人もいるんだね 

 まぁ、当然といえば当然なんだけれど、そーゆーもんだよね。ニコニコ動画をどこの会社が運営してるかってことなど知らない人も多いだろうし(時報等で社名言ってるけど聞き流してる人も多いはず)。

 2ちゃんねるの元(?)管理人の有名人"ひろゆき”がその運営の取締役にいるってことなんて、生放送してる生主さんには、どうでもいい情報ではあるよね。

 なんというか、ネットやってればそれくらいは知ってるだろうなってことが、案外知られてなくて、そのことに妙なギャップを感じて、ちょっと驚いた。

復活した個人サイトに、あまり期待してはいけないよね 

テキスト王 - 復活を果たした個人サイトにわくわくしない理由
再開に至った理由――閲覧者が運営者の書く再開宣言の裏に見ているもの――というのが大抵の場合、“不特定多数の人に自分自身を見てほしいという自己顕示欲を抑えきれなくなった”からであり、ファンが望んでいる“もう二度と物を書くつもりはなかったが、また新しく書きたいものができた、創作意欲を抑えきれなくなった”ではないからだろう。

 まぁ、それ程期待されてる個人サイトではないけど、経験者として書いてみる。ここで書かれてる個人サイトの定義がよく分かりかねるけど、“不特定多数の人に自分自身を見てほしいという自己顕示欲を抑えきれなくなった”ってのは、特に無いんだけどなぁ

 リアクションが欲しいってのはあるけど、それは自分自身を見て欲しいにつながるのかなぁ?

 結局は、好きだからやってるって以外に無い気がする。自己顕示欲が無いとは言わないけど、それ程前に出て行くタイプじゃないし、どっちかってーとひっそりこそこそしてるほうだからなぁ

 では、なぜ好きかってことになるけど。好きに理由は無いよなぁーと。書きたいから書いてるし、ブログで投稿したいからしてるってだけかな。コンセプトが「継続は力なり」に換わってからは、内容よりも、どうやったら継続させられるかにその興味が移ってるからなぁ「個人ブログの立ち位置ってのは、生存報告くらいなモンでしょーね。記事の中身、内容なんてのは、どこまでいっても五十歩百歩ですよ。」(今、いえるとすれば個人ブログの価値は内容じゃないってことかな)と書いたように、ウェブ上のどこかに、居続けること、そのベースとなる場所が、今はブログってだけなような。

 再開時のサイト主と読者間のテンションの違いってもあるような気もするけどなぁー

 気合入れて「前よりもっと!」って思いでやるのか、「今回は、ほどほどにやっていこう」って思うかの違いもあるかと……

 サイトの盛り上がりには、サイト主の実力も確かにあるけど、タイミングってのもあるからねぇ 必ずしも前凄かったからといって、再開してまた再開前や再開前以上に盛り上がれるかってのは微妙だよなぁ

 多くの場合は、偶然の重なりであって、実力+運もあるから、よほど強運の持ち主か時代を超えた実力の持ち主でなければ難しいものがあると思うんだけどね。

 そーゆーのって、個人サイトに限らず、全てのことにいえることじゃないかと。バンドとか芸人に当てはめてみれば分かりやすいのでは。

 個人サイトなんてほどほどが一番ってことに気が付いたほうが楽ではあるんだけどね。

ニコニコ動画のコメントをコピーする方法 


【初心者】ニコニコ動画のコメントをコピーする方法【テスト】‐ニコニコ動画(ββ)

 いや、これは目から鱗だった。いい小技ですね。

『斬(ざん)』のアクセス集中のアクセス元が判明した 

『斬(ZAN)』 移転前の『斬(ざん)』になぜかアクセス集中があったのですが……

結論
 ・ヽ( ^ω^ )7 なんでもExcel!なんでもExcel! スクリーンショットをExcelに貼り付けて送ってくるのってデファクトスタンダードなの?:アルファルファモザイク(via090621-0627のニュース 日日俺酔狂
 
 2ちゃんコピペブログからの関連記事がアクセス元でした。ちょうど日付も一致します。

 なぜ分かったかというと、ちょうどそのころ、ブクマされた記事だったのが、『なぜ「なんでも Excel (エクセル)」なのかを考える (前編)』だったのと、その記事から今のこのブログへのアクセスがちょっとだけあったから。それとニュースサイトを巡回してたら、ちょうどアクセス元の記事がリンクされてて、「これかもな?」と閃いて、じっくり探してみたら見つかった次第。今回は、google と Yahoo のリンク元検索では見つけられませんでした。いやー、わかってモヤモヤが解決してスッキリした。

 以前、『アルファルファモザイク』には、ニュースサイトを中継するのはいいけれど、一次ソースに誘導するやさしさが欲しいですねと書いたのですが、今回は、関連記事としてニュースサイト経由ではありませんが、直接記事の関連記事として入れてくれました。このあたりの対応はありがたいですね。

 しかし、それにしても凄いですなぁ 2ちゃんコピペブログが一日どれくらいアクセスがあるか知りませんが、たぶん3~5万くらいでしょう。その中の一記事の関連先にリンクされただけで、1000IP 以上来るってのは、中堅個人ニュースサイトよりも凄いということになりますよ。話題の波及性という面では、個人ニュースサイトに及びませんが、一個人サイトとしては凄い(まぁ、goo ブログのアクセス集計方法にはちょっと水増し疑惑の問題がありますけどね)。

 しかも、個人ニュースサイトと違って、関連性のある記事からなので、さらに興味のある人が訪れてくる可能性が高い。つまり、個人ニュースサイトにリンクされるよりも読まれやすいということになります。

 2ちゃんコピペサイトの脅威を見た気がしました。

歴史に名を残すってのは、果たしでどうなんだろう? 

 ニコニコ動画で、戦国モノのシミュレーションゲームをプレイ実況しているのをたまたま見かけてみていました(流れからしてTwitter / lastline: とんかつおじさんの決戦実況見ているなう http:/ ...経由で「決戦1」 雑談・実況 ~西軍~ Part11‐ニコニコ動画(ββ)だったのですが)。

 それで、この関ヶ原の戦いを見入ってしまっていたのですが、そこに出てきたのが、戦国武将「井伊直孝」。近江彦根藩第2代藩主。
人物には
夜叉掃部と呼ばれるにふさわしい剛毅な性格であり、その性格を各方面で発揮した。
井伊直孝 - Wikipedia

とある。

 そう、あの彦根城のある彦根藩なのです。彦根城といえばひこにゃんです。そのひこにゃんと一番関わりがあるのが、この井伊直孝なのです。

 動画でも、井伊直孝がでてくると、「ひこにゃーん」とコメントが付けられてる訳ですが、ここでふと思った。

 実在する人物であり、歴史上名のある武士なのに、未来で戦国モノのシミュレーションゲームの登場人物にされていいように使われるわ、へんな「ゆるキャラ」のせいで、「ひこにゃん」とか呼ばれるわ。まったくもって、そんなことになるとは想像も出来なかっただろうな、とね。

 まさに戦国時代を死に物狂いで生き抜いた武士に対して、その子孫たちの現代人が「ひこにゃん」とか呼んでるってのが、なんちゅーかねー

 歴史に名を残すってのはすごいことだけれど、それは未来でいいようにおもちゃにされるってことでもあるんだよね。もっとも尊敬されているからこそ弄られもするのではあるんですが……

 いやはやなんとも、後世に名が残るってのも良いんだか悪いんだか。

持ち越しも何も…… 

総合/F1富士開催 トヨタ撤退へ - FujiSankei Business i./Bloomberg GLOBAL FINANCE
 トヨタ自動車の子会社、富士スピードウェイ(FSW、静岡県小山町)が2010年以降のF1日本グランプリ(GP)を開催しない方向で最終調整に入ったことが1日、明らかになった。


 カイゼンの成果は再来年に持ち越しと書いて、さぁー来年に注目!ってとこだったんですが、そうですか、撤退ですか。残念ですが仕方ないですね。前回結構うまく行ったようなので、期待していたんですけどね。成果は結局、霧の中(富士だけに)ですか。

「ヱヴァ:序」テレビで観た 

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 - Wikipedia
 
 なんだよぉー これって
『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ一作目として制作された本作は、基本的にTVシリーズの第壱話から第六話までのストーリーを踏襲しているが、製作サイドは新劇場版に関して「リメイク」という言葉は用いず、ガイドブック等[2]で「リビルド(再構築)」であると解説している。

 だったのかぁー ちゃんと調べてから観ればよかった。ちゅーか、テレビシリーズとほとんど変わらない内容で、目新しさがなかったから、観なくてもよかったな。

 まぁ、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 』の番宣でもあるから、いいんだけど。

 期待値が高かっただけに、ちょっとがっくし感が高かったなぁ。「破」はなんかちょっと変わってるみたいなので、テレビ放映が今から楽しみです。(って劇場行けへんのかいっ! ←セルフツッコミ)いや、そこまでエヴァ好きじゃないんで…… 全編観たのも、YouTube の規制前の時だったしね。テレビシリーズリアル放送時はスルーしてたしなぁ

 何にしろ「序」はエヴァらしくてよかったです。以上感想でした。

真引きさんどこいってもうたんやぁー 

 真性引き篭もりhankakueisuu さんのブログが綺麗さっぱりになっている。なにがあったのだろうか?気になる。

日本のウェブの時代は、これからは「等身大の日常」と「生感覚」なのかな 

 最近また話題にのぼってる Twitter と、自分の中でちょっと気になってるニコニコ生放送とを結びつけて考えてみた。そうすると、最近のウェブのキーワードは「等身大の日常」と「生感覚」なのかな、と思いつく。

 庶民が普通につぶやいたり gdgd(グダグダ)してるのを垂れ流してて、その中から面白いものが話題になるって感じなのかな。

 ほとんど、日常の延長線上にウェブのサービスがあって、それ程お金や手間をかけなくても気軽に使えるサービス。しかもそこには、やはり CGM を上手く利用している1対多のコミュニケーションがある。その中に、ちょっと間接的なゆるい繋がりがあって、そこから直接的な1対1の繋がりも出来るような仕組みもあるあたりが良いようですね。

 生ならではの意外性やその時ならではの流動性が刹那的でも面白いと感じられるってのが、gdgd であっても受け入れられるんでしょうね。

 そう考えると、日本のウェブの方向性は、ハイブロウな人たちからするとやはり「残念」な方向なんでしょうね。

 ただ、より庶民に身近になっていく方向は悪くないと思うのですれどね。ウェブで商売するほうには、難しい方向だとは思いますが、それでもそこはハイブロウな人が頭使って考えてくれればいいわけでしてね。ユーザーは、楽しませてくれればいいわけですから。

ちょっと怠惰の方向に流れそうですよ 

 ネット上で何か面白いことでもはじめようと思うのだけれど、と思っていたのも束の間。今度は余った時間を無駄なことに使い始めて、怠惰な方向に流されそうになっています。

 ここらへんの、一貫性のなさがどうにかならないものかと思いつつも、流されていく癖はどうにもならんでしょう。

 無駄と分かっていても御することが出来ぬのがつらいところ。

 ブログの毎日更新も途絶える可能盛大。といいつつ、一週間もすれば、状況が変わることもよくあることなので、しばらく怠惰を満喫する方向で流されてみる。
[タグ] ブログ運営
[ 2009/07/09 18:18 ] ぼやき | トラックバック(0) | コメント(0)

ブログ拍手が本当に bot じゃなかったみたいで嬉しい! 

拍手大量サービス期間が終了した模様です』にいただいたブログ拍手にコメントが入ってました!
06/30 何か書けと言われたら書いてしまう自分です。(笑)

 うれしぃ! bot じゃない生身でしたよ。これでちょっとハレな気分になれましたよ。
 ありがとうございます。

 その三日後にも、ブログ拍手にコメントを入れてもらえることがあって、立て続けの出来事に気分を良くしています。

最近また長文が増えてきてることに気が付いた 

 短文がいいのに、どうしても書いてると長くなるな。今日はこれでお終いにして、調整する。

その程度の心配事でホッとした 

『斬(ZAN)』 最近なぜか寝落ちする
 精神的にちょっと心配事はあるから、そっちかもしれないかな。

 と書いたけど、今読み返してみると、その心配事が何だったのか思い出せない。その程度だったようです。よかったよかった。

 ちなみに、寝落ちはそれ以降なくなりました。

 と、思ったらこの記事書いた日は、寝落ちした。原因は、どうやら記事を書いたりしたときのキーボード操作による肩こりなどの疲労によるものなのかもしれない。

 あ、それか2ちゃん専ブラのスクロール操作による目への負担もあるかも。
 (参考:『斬(ZAN)』 ブラウザの見方を変える

おぉっ、テレビから声が出るようになった! 

 二年ほど前からテレビから音声が出なくなっていました。なんとか別の出力で音声は出していたのですが、テレビ単体では壊れてしまっていて音声が出ない状態でした。そして別の出力でもここ数ヶ月とうとう無音になっていて、実質テレビをほとんど点けていなかった。

 しかし、本日久しぶりに何気に点けてみたところ、何事も無かったかのように音声がで出ている。

 いやはや、これでしばらくテレビの買い替えとかPC用テレビチューナーとか繋げなくてもよくなりそうだ。

 でも、またいつご機嫌を損ねて無言になってしまうか分からない。この何ともいえないギャンブル感がちょっといい。

ニコニコ生放送がけっこう面白い 

ネット上で何か面白いことでもはじめようと思うのだけれど

 で、面白いことをウェブで探していました。そこでちょっと気になったのが、『ニコニコ生放送』。

 最初は、いわゆる芸能人がやってる番組を観たのがきっかけでした。『とりあえず生中(仮)』というのでして、テレビが今観られないので、その代わりも兼ねてちょっと覗いてみることにしました。

 ちょうど金曜日に次長課長さん、さとう里香さん、もう準レギュラーになりそうな YOU さんがゲストで出ていました。だらだらとあるように、ホントにだらだらしてて、それがすごくイイです。

 さとう里香さんなんて本番中なのに、「おしっこ」といって、トイレに消えてしまうハプニングもあったりして。ネット配信ならではのだらだらさ加減が良かったです。いや、それにしても売り出し中の、アイドル系が「おしっこ」はどうかとは思うのですけどね。プロとしても。ただ、それでも許させる空気みたいなのはいいですよね。次長課長の河本さんは、宅配ピザの配達にきたお姉さんを口説いてるし。

 テレビ番組のようにちゃんと作ってない。まさに「生」なところは面白いです。

 で、このだらだら感ってのは、ある種コミュニティ FM ラジオやローカルの AM ラジオなんかのコミュニティ放送に通ずるものがあるような。もちろん、こちらはきちんとした放送局ですのでそれなりにしっかりしていますが、目指す方向性みたいなものの根っこが似てる気がします。

 で、話をニコニコ生放送に戻しますと、いわゆる一般の人も結構生放送をしています。自分の観測してる界隈だと『斎藤智成さんのブログ』(ニートスズキさん)が、やってたりします。

 このあたりの一般の人たちでも、顔出ししてたり、なんかちょっとネットアイドル的なかわいい子やイケメン男子もいたり、自己顕示欲の強い人達が結構います。人気のある人は、満員になることもしばしば。約1000人くらいが観てるようです。

 これって、高校生くらいになると、ミニ FM 局を立ち上げて放送する輩が、何人か必ずいたようなものと一緒の感覚なのかな。ネットラジオは、今ならいっぱいやる方法はあるんですが、それの動画バージョン。

 しかも、今なら結構簡単に放送できてしまう。ニコニコのプレミアム会員になってちょっとお小遣い払えば、後はマイク内蔵のウェブカメラを設置すればOK。非常にお手軽。

 内容もよほど規制にかかるようなヒドいものでなければグダグダでもいいし、ってかほとんどグダグダのだらだらが多いのですがね。もっともそれが自然でいいのですが。

 ちょうど30分という枠があるので、いつまでもグダグダにならずキリがいい。

 ブログで人集めするより、ニコニコ生放送で面白い企画経てて放送すれば、結構ネットで有名になれそうですよ。ハックルベリーの人とかはその筋の人だから、ここに目をつけたらなんか面白いモン生まれそうな気がするな。

 これはちょっと注目してみると、何かこれから面白く伸びそうな気がするよ。素人でも裏でだれかまとめ役が仕切れば持って行き方次第では上手くブレイクしそうな悪寒。

丈夫な体でも、いつかどこかに変調をきたしてきますからね 

東プレ Realforce リアルフォース キーボードpart35
508 :不明なデバイスさん:2009/06/17(水) 21:35:03 ID:+IOeTBXh
キーボードで1万6千円、モニタで5万円、椅子に9万かけたと言ったら
バカか?と言われた。


509 :不明なデバイスさん:2009/06/17(水) 21:39:17 ID:ZbRThzoP
一般人はそうだよなぁ

アタマいってるんじゃないの、それともかっこつけですか?

見たいな漢字に言われそうだなぁ


510 :不明なデバイスさん:2009/06/17(水) 21:59:43 ID:E8JIY/ZO
>>508
インターフェースがどれだけ重要か語ってやれ


511 :不明なデバイスさん:2009/06/17(水) 22:01:46 ID:M845G9kK
>>508
Realforceだけで6枚買い、モニタは20万円、椅子にも20万円かかってる俺は
どうなるんだ。しかもこんなの序の口だみたいな奴も多いのに。


512 :不明なデバイスさん:2009/06/17(水) 22:13:50 ID:drYpBktC
モニタに5万なんてエントリーモデルだろ
15万くらいするモニタなんでごろごろしてるぞ


513 :不明なデバイスさん:2009/06/17(水) 22:25:55 ID:NkcnlcNW
自宅卓上用に106、塩澤メソッド膝上用に89Uで2枚。
職場に同じ構成で2枚。で、持ち歩き用89Uがもう1枚。


514 :不明なデバイスさん:2009/06/17(水) 22:46:20 ID:+2rWoJyI
イスはかなり重要だよなー

 たしかに、キーボード、ディスプレイ(モニタ)、マウス、椅子、机ってのは、長時間PC を使う人にとっては、決して妥協してはいけない代物だよなぁー 体のどこかがおかしくなってしまってからでは遅いからなぁ 体調管理で考えればプライスレスだからなぁ
 ・腱鞘炎
 ・肩こり
 ・腰痛
 ・関節痛
 ・神経痛
 ・眼底疲労
 ・頭痛
 ・etc

 長時間の PC 操作環境は、気をつけて気をつけすぎってのはないと思います。

たしかに「日本のウェブは残念」な面はあるよね 

 なんというか、日本のウェブというか、日本のコンピュータ関連全体にいえることで、サブカルチャーが強すぎるというのは、確かにある。それがある種の弊害となってしまい、日本のウェブの魅力を損ねている面は感じるよね。

 もともと日本に根付いている「オタク文化」とコンピュータ業界の繋がりが密すぎることもある。秋葉原が電気街からオタクの街に取って代わってしまったのも、その繋がりの濃さゆえですよね。

 昔から、パソコンに興味を持ってる層は、おおよそアニメやゲームが好きな傾向が見られる。それは、自分の観測範囲内での話ではあるけれど、世間一般でもその傾向というか、イメージは今もってあるように思われる。パソコンオタ=アニメオタ、ゲームオタという見方のステレオタイプは存在している。

 もちろん、ゲームとコンピュータは切っても切れない関係だし(ファミコンがファミリーコンピュータと名付けられているのだから、ゲーム=コンピュータというイメージが生まれるのも致し方ない)、アニメ画を書いたりする場合、タブレットや配色の便利さなど、パソコン関連のツールは、アニメ好きにとっては、何かと最適化されている。つまり、ゲームとアニメの好きな人がパソコンをよく使う人となるのは自然すぎる流れ。

 結局それは、コンピュータを使って多くの(ちょっと表現が悪いけど、アニメオタやゲームオタ以外の)一般の人も多く取り込むことが出来るようになったインターネット(そしてそのほとんどはウェブ)でも、その傾向は変わらず、むしろアニメ、ゲーム好きな、インターネットヘビーユーザーによってその大半がサブカルチャーの話題が中心となる傾向にある。

 それはウェブは好きだけど、サブカルチャー(もしくはアニメやゲーム)に興味が無い層にとっては、あまり魅力を感じることが出来ない面も多く感じられるのではないだろうか?

 ポータルサイトにしても、層の多いゲーム、アニメ関連のサービスには力が入っているし目立つよう工夫されている(目立つ広告にそういったものが多いのもあるけれど)。それは収入源に直接繋がるのだから致し方ない。

 開発者サイドにしてみても、アニメやゲーム好きが多いのだから、おのずとそちら方面のサービスには力が入るし、自然と偏ってしまう傾向が出る面もありえる。

 そーゆー意味においては、『@cosme!』や『クックパッド』のように女性向けで健闘している面白いサブカルチャー以外のサイトもあるのですが、やはりまだその数においては、到底追いつかないし、話題性も限定されている。

 もう少しその偏りがなくなって、パソコン(ウェブ)=オタク 的な要素が薄まれば、もっと多くの人が集まり面白いサービスが生まれる可能性はあるだろう。そういった意味においては、今の「日本のウェブは残念」ということは言えなくも無い。

 ただし、逆に捉えれば、これからまだその市場を開拓できる余地が残されているということも言えるわけであり、少なくともその可能性があるということが言えるのではないでしょうか?

 その可能性が、限りなく小さく難しいものであったとしても、これからもまだウェブはどんどん変化していくのですからまったく無いとも言い切れないと思います。
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。