『斬(ZAN)』

主に Web(ウェブ),ブログ(blog),サイト,ニュース,CGM などネットで視た様々な出来事を『斬』りますよ。
2009 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312010 01

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

もうそろそろそっちの方向に行きませんか? 

 そろそろネット(というか日本)は、非常識な人を祭り上げるのではなくって、作リ出さない、または減らす方向にシフトしていくべきではないかと思うのですよ。

 いつまで他人に指差して笑っているのだろうか?

[元Tweet]
Twitter / souryuusei
スポンサーサイト

水樹奈々が紅白に出ることで起きるささやかな弊害 

 水樹奈々さんが紅白に出られるのはいいが、新年早々から、その放送を見た人から「紅白出場オメデトウ」と何度も間違われて言われるであろうことが想像できる、眞鍋かをりさんのことを思うと、ちょっと不憫でならない。

 しかし、それは、いずれブログかバラエティのネタになるのだろうからいいのかな。

[元Tweet]
 ・Twitter / souryuusei

[関連]
 ・『斬(ZAN)』 いや、似てますよ
 ・『斬(ZAN)』 「水樹奈々 眞鍋かをり」の検索集中アクセスの原因判明

ニコ生のゴールデンタイムの枠取りの大変さを観て思ふ 

 さっきUSTREAM の某配信で、ゴールデンタイム(20:00~02:00)のニコ生の枠取りの実況をやっているの観ていた。

 これって、ホントすごいですね。ライブのチケ取りと変わらないくらいたいへん。既に1530枠位(最大1500枠と+予約枠とかあるのでちょっと予備の枠がある)になってるから、全然空き枠がなくて取れない状況。枠取りのために何度も同じ行為を繰り返す作業でこりゃたいへんだ。配信最初のコメントで「枠取り乙」って入れるのを見かけるけどほんとそうなんだな。

 それにしても、何で30分近くも枠取り作業してまで配信したいんだろう。そりゃ、中毒でもなけりゃそこまでしてやりたいとか思わないよな。

 ホント水面下で、すっごい無駄ともいえる努力をしてるんだな。そりゃ、コレだけ頑張って枠取ったのに、放送でリスナーから Dis られたら凹むわな。

 やはりゴールデンタイムの集客力を知っているだけに、コミュ人数増やそうと思ったり、満員や立ち見出るような放送したいと思ったら頑張っちゃうんだろうな。

 冷静に見ると、それなんか違うくね?って思うんだけどなぁ

[元Tweet]
 ・Twitter / souryuusei
 ・Twitter / souryuusei
 ・Twitter / souryuusei

ネットでは「こないだ」が市民権を得ようとしている 

 ふと、ある記事を読んでいて気なったのが、「こないだ」と書かれていたこと。

「こないだ」とはどこの方言ですか : 生活・身近な話題 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
トピやレスで「このあいだ(この間)」と書くところを「こないだ」と書かれる方がいらっしゃいますよね。

初めて目にした時は「ふんいき(雰囲気)」を「ふいんき」と間違えて覚えてしまうように、耳から聞こえる言葉をそのまま間違えて覚えてしまった方かと思いました。

しかし、ネットで「こないだ」を検索するとたくさん出てきて、
「こないだ」とはどこの方言ですか : 生活・身近な話題 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 認識では、「この間」と書くのが普通だと思っていたのですが、どうやらこの発言小町のコメントにもあるように辞書に載っています。
こないだ こなひだ 4 【▼此▽間】

補足説明「このあいだ」の転
(1)数日前。つい先日。先頃。
「―借りた本返すよ」
(2)ちかごろ。このごろ。
「―は薩張(さつぱり)お
こないだ【此間】の意味 国語辞典 - goo辞書

 補足説明に「このあいだ」の転とあるように、話し言葉である「こないだ」が書き言葉である「この間」から転じたものだと思われます。

 しかし、発言小町のこのトピ主さんが感じたことと同様に、ネットでは、多くの人が「こないだ」を使っているのが見受けられます。コトノハ - 「この間」略して「こないだ」でも、「こないだ」が多い状況。ただし、これは、日常の会話で使っているのか文字で使っているのかが限定されていないのでちょっと分かりづらいです。

 個人的にも、言う(話す)ときには「こないだ」を使います。しかし書くときは「この間」としています。しかし、既に多くの人が、ネットやメールで文字に起こして「こないだ」と書いていて、共通認識も出来て通じていますので、市民権を得ているように感じます。ちなみに、全国的に使う言葉なようで方言ではなさそうです。

 正式な文章では「この間」でしょうけれど(正式な文章で、「この間」を使う例があまり思い浮かびませんが)、「こないだ」でも、既に間違いではなさそうです。

ニコ生は公式放送をユーザー生にミラーさせてもいいんじゃないか? 

『斬(ZAN)』 「天空の城ラピュタ」の放送をウェブと一緒に観てて感じたこと
 のつづき。前回
 そんなことを思っていたときに「「いまのニコニコ動画には不満」--ひろゆき氏が語る3年目のジレンマ:スペシャルレポート - CNET Japan」の記事を読む。
「テレビの劣化版を作っても仕方ない」
 もう1つ西村氏が不満に感じているのが、ニワンゴが提供する生放送番組の位置付けだ。現在毎週月曜日から金曜日の21時から、タレントなどが出演してトークを繰り広げる「とりあえず生中(仮)」という番組を放送しているが、西村氏は「生中が単なる劣化したテレビ番組になっている」と疑問を呈す。

 最近一番注目しているニコ生の話に食いついてみる。

 結論からすると、「コレ(ラピュタ)をニコ生の運営がやってみては?」なのですが、それはまた別記事で詳しく書く。

 と書いた。運営は「とりあえず生中(仮)」という、まぁテレビと同じようなバラエティ生番組をやっています。これが劣化してるかといえば劣化していると思う。それは、ニコニコ独自のアイディアである視聴者からのコメントを生かしきれていないから。そのあたりはすでに
 まぁ、運営サイドがやってる公式放送については、コメントまったく拾わない(ちゅーか拾えない)ので、意味無いってか、コメントで盛り上がりを判断するくらいの役目しかないな。

 運営がコメントで煽動するけど、的確にいい質問やコメントなんて、所詮遊びで観てる素人に打てるわけがないわな。運営側でサクラでも使って誘導せにゃ無理でしょうな。
『斬(ZAN)』 ニコ生はカオスなところが面白くはありますが……

 と書いてるとおりです。なんとかニコ生で出来たアンケート機能を使って繋いではいますが、それ程ユーザーを巻き込んで盛り上がるようなところまでは、生かしきれているとは思えません。

 なので、もう運営は、ユーザー生放送にミラーを解放すればいいのですよ。今でもユーザー(生主)の人気生放送で満員で入れない場合は、他の配信者が視聴者の一人となってアリーナに入ってミラー放送をしています。

 これを運営の公式でもやればいいんですよ。もうねぇ、公式なんてアリーナ以外は、裏アリーナだろうと1Fだろうと2Fだろうと立ち見と一緒レベルなんですから、コメンテーターな視聴者にとっては、あってもほとんど意味が無いんですよ。

 それぞれの場所(1F右とか2F中央とかのくくり)での盛り上がりは確かにあるけれど、それほど面白くはならない。

 それよりも、ユーザー生の有名生主にミラーしてもらうほうが、よっぽどそこのコミュで盛り上がるのだから面白くなるはずです。

 それで、盛り上げたコミュにご褒美をあげる仕組みを作れば、運営の公式も注目されるでしょう。まあ、ご褒美は、アリーナ人数の増員とかゴールド(シルバー)チケットの配布とか、プレミアム料金の3ヶ月分無料とか。

 さらに進化させたのが、公式が「ラピュタ」みたいな映画を流すというもの。映画に限らずTV放送されたネットで盛り上がりそうな番組を流す。「エヴァ」でもいいし、「ハルヒ」でもいいし、「けいおん」でもいい。まぁ、著作権、放送権等々でまだまだここらは問題があるでしょうけれど。

 それもユーザー生放送でミラーを認めちゃう。もちろん、公式のミラーという前提でね。

そうすれば、多くのコミュがミラーして、視聴者は、好きな配信者(生主)のミラーを観て、生主と一緒に盛り上がることが出来る。

 運営は、こういった魅力ある定時固定枠放送をするようにすれば、いいのではないかと思う。

 さらに、公式放送では、どこがミラーしているかわかるように表示して、視聴者数が多い順にランキングにしてリンクすればいい。そうすればアリーナ以外で公式を観てる人も好きなミラーしてるコミュに飛んで盛り上がれるので、楽しさの幅は広がる。

 もう、画面に流せるコメント数には、物理的に限界があるので放送する画面を増やすしかない。しかし、アリーナ以外は、放送主と繋がることは出来ないのだからどこかで割り切らないといけないと思います。結構面白い案だと思いますが如何でしょうか。

レイプの話が盛り上がっているが 

 まぁ、あーじゃこーじゃー難しい話ばかりでほとんど読んでないのだけれど、結論は確率の問題かな、と。

レイプされる確率は、

 ・場所によって変わる
 ・容姿(服装、露出度など含)によって変わる
 ・性差によって変わる
 ・年齢によって変わる
 ・時間帯によって変わる

 これらの組み合わせにより掛け率が高くなればレイプされやすくなるのであって、高確率でもレイプされないこともあれば、低確率でもゼロにはならないからレイプされることもある。

 なので、せめて自衛できる低確率になるよう努めましょうよ。ってことだよね。これは、レイプに限らずあらゆる暴力的な犯罪に言えることでしょう。

 「男の本性がどうの」とか「女の自衛がどうの」とか。そんなもん、男女の考え方が一生解らないってのは、1億と2千年前から変わらないことなのですから、議論するだけ無駄ですよ。

 男だって女だって「魔」が差すことが誰にでもあるのであって、それを如何に避けられるかに過ぎないってことですよね。

 男女のどちらにとっても不幸な結果にしかならないレイプ事件なのですから、危険予知をして危機管理をしましょうね、で終わりなんですけどね。

 ヒステリックに、男が悪い、女が悪い。では平行線で終わってお互いストレスだけが残る後味が悪い結果になるだけですね。結論も出ないし、歩み寄ることも無いでしょう。それくらい、男と女は分かり合えないものなのです。

 分かり合えてしまったら、ある意味そこで人類は終わりですからね。

Twitter のパーマリンク発言の良さと悪さ 

実は『Tsudaる技術』はTwitterなんかには関係ない。本当は輪ゴムと冷水を使って『ひとつウ…」手記はここで途絶えている
Twitter / RPM: 「これを誰かが読んでいるということは、すでに俺はこの ...


 これって
kaminagi頻繁にふぁぼられてる津田って人、全然おもしろくないんだが、包茎かなにか? ( 2009-12-04 15:13:23 )
ekkenマジレスすると、日本人の多くは火星人なので、たぶん津田さんも。http://bit.ly/4X1ipI ( 2009-12-04 22:32:04 )
tsuda@ekken マジレスすると浪人生時代に輪ゴムと冷水を活用して矯正しました。 ( 2009-12-04 23:40:07 )

Twitterログまとめ (どんジレ版 - 時刻表示版)

 の流れを知らないとまったくもってイミフ(というか普通なつぶやき)だけれど、この流れを知ってから読むと大爆笑できる。

 このあたりに、Twitter の個々の繋がりの分かり難さと分かり難いが故の分かった時の面白さの両方が見える。

 単独のパーリンクのつぶやきでは、その前後や周りでの発言まではフォローされない。なので、一つのつぶやきで判断するのは、残念なことにもなる場合があるといえる。
[タグ] Twitter
[ 2009/12/19 18:18 ] ウェブの話 | トラックバック(0) | コメント(0)

うーん、だんだんこのブログも加齢臭が漂いはじめてきたのか? 

久しぶりにブログのアクセス解析をチェックしたら、昨日のIE6の使用率は8%だった。
Twitter / RPM: 久しぶりにブログのアクセス解析をチェックしたら、昨日 ...

 このつぶやきから気になって、このブログのブラウザ率を、ちょっと調べてみた。

上位5つ。

◆2009年8月
 Internet Exploer 7 35.6%
 Firefox       29.51%
 Internet Exploer 6 16.64%
 Internet Exploer 8 3.63%
 Safari       3.42%

◆2009年9月
 Internet Exploer 7 33.68%
 Firefox       29.98%
 Internet Exploer 6 16.53%
 Internet Exploer 8 3.77%
 Opera        3.75%

◆2009年10月
 Internet Exploer 7 32.96%
 Firefox       31.17%
 Internet Exploer 6 13.11%
 Internet Exploer 8 6.87%
 Opera        4.2%

◆2009年11月
 Firefox       34.9%
 Internet Exploer 7 25.94%
 Internet Exploer 6 11.67%
 Internet Exploer 8 10.62%
 Google Chrome    5.42%

 ついに、3ヶ月続いた IE7 の首位の座を Firefox が追い抜きました。『Firefox率が高いサイト=おっさん臭いサイト』にあるように、ついに加齢臭が漂い始めてしまった。

 あっ、今その理由がわかった!11月は、『やっぱり、ネガティブ思考な人は Twitter 系サービスやっちゃダメだ!』が、ちょっとした話題になった月だった。やっぱり Twitter やってる人は年齢層が高めなんだな。え?

 Twitter の話題を取り上げてると、加齢臭が漂いだすってことか。これは気をつけたい。折角、ニコ生の話題で、年齢層を下げているのに。ただ、ニコ生での生主の Firefox 率は枠取りツール「枠鳥」のお陰で多いのですけれどね。

 ちなみの、11月、ちょっと話題になった記事で一番アクセスが多かった日の Firefox は 40% 超えてました。ついったらーには、 Firefox 利用者が多い証拠でしょうね。

「車を運転してて理解できない他人の運転」に勝手に全レス 

このごろ2ちゃんねる 車を運転してて理解できない他人の運転
 面白かったので勝手に全レスしてみる。

ウェブの活動でメインとなるサービスは? 

 ウェブ(とうかインターネット)には、さまざまな CGM 系サービスがあります。

 いわゆる昔からあるウェブサイト(HP:日本でホームページと呼ばれているもの)、掲示板、チャット、ブログ、クチコミサイト、Q&Aコミュニティ、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)、SBS(ソーシャルブックマークサービス)、Twitter 系マイクロ(ミニ)ブログ。他にも MMORPG やセカンドライフのような仮想空間もあるでしょう。また、最近では動画サイトによる映像を使ったサービスもあります。古くにはメールマガジンだってネット上での活動といえます。

 これらの一つしかしていない人もいれば、複数のサービスで活動している人も多いでしょう。

 その中で、自分がそのサービスを一番メインの活動にしているか、ということが気になりました。

 今の自分のウェブでの活動は、ブログがメインなのですが、様々なサービスの登場によって今後それが変わっていく可能性があるというのを感じます。

 最近では Twitter がその筆頭であり、お手軽さからか、ブログからメインの活動を移した方も多く見受けられます。

 多くの人は、興味の対象が変わって自然な流れでウェブサービスの活動拠点を変えていくのでしょう。また、流行の流れに沿って、人の集まる場所を求めて移るのかもしれません。

 結局のところ感心なことは何がきっかけでどうして活動拠点を変えたか。そのきっかけとは何だったのか?ということに興味がわきました。

 ということでオチも無く終わる。ま、続きで別のことを書く予定。

ユーミン考 

椎名林檎の「翳りゆく部屋」(ctrl+A して読むのを推奨。)

 『歌唱力が神がかってるアーティスト:VIPPERな俺』とか『はてなブックマーク - 歌唱力が神がかってるアーティスト:VIPPERな俺』とか見てたら
darkglobe music, 2ch コメントにいくつか挙がってるけど、エレカシの宮本せんせー。「翳りゆく部屋」のカバーの伸びやかな歌声を聴けーーー!
はてなブックマーク - P.S. You Rock My World - 2009年1月29日

 とあったので、聴いたりしてた。そこから「翳りゆく部屋」で検索して辿り着いたのが、上記リンク先なんですが、凄く納得できる内容で思わず「ウンウン」頷きながら読みました。

 そこから思ったことなんですが、ユーミンってシンガーソングライターだけど、シンガーよりもソングライターの才能のほうが凄かったんだろうね。歌を創る才能のほうが、歌を表現するより秀でてた。もちろん、シンガーとしても凄く才能はあるんだけど、天賦の才は、創るほうのが遥かに上だった。

 だから、歌いこなすのが、凄く難しかったんだと思う。ちゅーか、ユーミンの曲は、簡単そうにみえて難しいってのは、
しかし、これはよほどの覚悟がない限り手を出してはいけない禁断の領域なのだ。それが証拠に吉田美奈子も大貫妙子も矢野顕子も一曲も歌ってないではないか。

ユーミンの曲を歌うとそのアーティストの限界を暴露することになる。あれは暴れ馬みたいなもので、よほど熟達した乗り手でない限り、曲が内面に秘めているパワーに振りおとされてしまうのだ。あるいは、*シシ神様みたいなもので、「いのちを与えもすれば奪いもする」。うっかりふれるとアーティストとしての、生命力を吸いとられてしまう。何だか気の抜けたビールみたいな音楽が出現することになる。ユーミンのカバーという領域にはハイファイセットからはじまって、討ち死にした強者どもの死屍累々。だいたいユーミン本人だって、曲の深部から出てくる得体のしれないパワーを扱いかねているではないか。
椎名林檎の「翳りゆく部屋」

に書かれてる通り。これはたぶん、創ったご本人が一番知ってて、尚且つ自分では、自分で創ったものの、表現しきれていないというのも分っているんでしょうね。

 それで、なんとか合格点で発表してるんだと思います(偉そうな事書いてますが、レベルが違うんですよね。究極を目指すという意味においての表現という意味で)。

 多くの人がカバーしたくなるってのも、そーゆー事なんでしょう。それだけ名曲ということなんですよね。フォーク系で単調なのに、微妙なフラットとシャープ(ユーミンはフラットのほうが多いのだろうけど)が入り込んでるから、きっちり音程を整え尚且つ自分のモノにして歌うってのは至難な業なのでしょう。エレカシの宮本さんは、その辺りしっかりモノにされていて素晴らしいです。自分の中では、一番「翳りゆく部屋」をうまく表現していると感じました。

 それで、話はユーミンに戻るのですが、ユーミンがライブ(コンサート)で、色々と派手に趣向を凝らして毎回、あっと驚く出し物で魅せているんですが、実はアレってユーミン自身が自分の曲を自分で歌い切れないジレンマから来てるんじゃかいかと思ったりしたんです。自分が創った曲だから、誰よりも自分自身の理想とする表現がある。しかし、自分が歌って表現しても、どうしてもその理想の姿に届かない。それでも、自分の創ったものだから、自分で表現したい。そのソングライターとしてのユーミンとシンガーとしてのユーミンの間に生じたギャップのねじれた表現が、あの出し物に現れているような気がするのです。

 お客を楽しませるためというのは、もちろんあるのでしょう。けれど、それは表向きで、実は、「表現しきれない自分の行き所の無い負のエネルギーの拡散場所の表れ」なのではないかと思うのです。


蛇足
 「翳りゆく部屋」って凄く難しい。なんていうか、歌っていて我慢がいる歌。こう歌いたいと思う自分を抑えて忠実に歌うことで、はじめてスタート地点に立つみたいな感じですね。そーゆー意味ではエレカシの宮本さんがライブで歌ったあの映像では、最後のリピート部分でアレンジを入れていたのが、ちょっと残念でした。個人的は、アレは入れたいけどそこをぐっと堪えて淡々と歌うほうが良かったんじゃなかと。どっかで、「負けたな」って感じてしまいましたよ。

「何とか厨」のまぎらわしさについて 

厨房 (ネット用語) - Wikipedia
インターネットスラングとしての厨房(ちゅうぼう)は、インターネット上で幼稚な発言や行動を行う者を指す蔑称である。中学生を指す「中坊」から隠語化され「厨房」となった。「厨」と略されることもある。

-2ch ?Q?T-<ち> -
厨房【ちゅうぼう】[名]
「中坊」の隠語。中
学生→中坊→厨房。
本当の中学生という意味だけではなく、程度の低い人に向けても使われる。
本当の中学生は「リアル厨房」と呼ばれる。
程度の低い順に、消防<厨房<工房。
なかでも厨房が一番使われる頻度が高い。

-2ch ?Q?T-<ち> -
厨【ちゅう】[名]
(1)(全板)「厨房」の略。「自治厨」など接尾語としても用いる。
特に「春厨」、「夏厨」のように休暇の名前の後ろにつけて、その休暇中に多発する厨房を指すことが多い。

類義語:消防、厨房、中坊、工房
(2)(アニメなど)場の雰囲気を読まずに同人臭いことを書く人。「葉鍵厨」など接尾語としても用いる。

 よく「何とか厨」と、やたら厨を付けたりするのを見かけます。本来は、「中学生」の意味ですが、「大人なのに中学生のように程度の低い人」という意味でも使われます。

 しかし、最近では、「厨」と同じ読みで中毒の「中」を「厨」に置き換えている例も見受けられ、中毒者も「厨」と呼ばれていたりします。

 さらに、別に「程度の低い人」という意味ではなく、単なるマニアであっても、「厨」と呼ばれていることもあります。これも、厨=中毒=マニアからきているのではないかと推測します。

 中毒者やマニアのなかには、そのことであまりにも視野が狭くなっていて、周りの状況がよく見えず、雰囲気を読めなかったり、中学生のような程度の低い発言や行動をしたりすることもよく見受けられます。ですので、それが一緒くたになってしまい、まとめて「厨」と表現されるのだとしたら、それは分かる話です。元々マニアな人は、子供っぽさがあったりしますので、変なところでムキになったりこだわったりしますのでわかる話ですよね。 

 基本ラインとしては、「厨」=中学生または中学生レベルの程度の低い人を差すのですが、中毒者やマニアの人の中には、中学生レベルの程度の低い幼稚な発言や行動を行う人もよくいる。それが「厨」の定義に含まれているため、間違われる。ということでしょう。
 

[関連Tweet]
 ・Twitter / souryuusei
[タグ] 言葉
[ 2009/12/09 18:18 ] ウェブの話 | トラックバック(0) | コメント(0)

ブログからTwitterへを喩えると 

 自動車で、マニュアル車からオートマ車に切り替わったというのに、似てるのかな。

続く興味と続かない興味と 

その「差」の訳は何なのさ?: CONCORDE

 飽きるか飽きないかの違いだけじゃないかと。言い換えれば関心が有る(続く)か無くなるかの違いかな。興味があるうちは続いていくのだと思う。後は面倒という壁が境界線なのかな。

 子供がおもちゃを気に入るのとすぐ飽きるのと似ているような。その数あるお気に入りのおもちゃの中から、“とっておき”が生まれる。それになるかどうかは、結局本人にも分かりえないことではないかと。

 後になって気が付くと、いつもそこにあるもの、あったもの。10年くらい興味があったけど、気が付いたら消えてしまったりするものをあるわけで。

 細く長く続く関心という糸が、途切れるかどうかは脆く儚いのではないかと、ね。途中で関心の糸が太くなったりすることもあるわけでして、その「差」は永遠に分かりえないものではないかと。


[元Tweet]
 ・Twitter / souryuusei

「天空の城ラピュタ」の放送をウェブと一緒に観てて感じたこと 

 先日、日本テレビでアニメ映画「天空の城ラピュタ」のテレビ放送があった。もう20年以上も前に創られた作品であり、既に、テレビでは12回目の放送だとからしい(ソースは2ちゃんねるのため、らしいとする)。

 つまり「なんどめだナウシカ」ならぬ、「なんどめだラピュタ」状態である。それにも関わらず、ウェブ界隈では、さまざまなウェブコミュニティでそれぞれ、凄い盛り上がりをみせていた。

 2ちゃんねる、Twitter、ニコ生、など、リアルタイム性を重視したサービスでは、この放送を観ながら、思い思い、好き勝手なことを書き込んでいる状況が見受けられた。はてなブックマークニュースでも特集記事が作られ、放送前にホッテントリ入りをしていた。

 それは、ある意味「吉本新喜劇」的なノリであり、数々の名台詞から盛り上がる場面場面が既に分かりきっている状況で、シンクロしてウェブで共有するというのは、何ともいえないうれしい瞬間でした。

 時代はネットだオンデマンドだ、といわれていますが、まだまだこういったマスメディアの固定時間枠放送というのも馬鹿には出来ないなと思った次第。

 2ちゃんねるでは、ラピュタ崩壊の呪文「バルス」の発せられるタイミングで、書き込み集中によってサーバーが落ちるかどうかといった話題で盛り上がり、ある種のサーバー負荷テストだとも言われていた。実際その前に落ちたらしいが。

 Twitter では、buzztterでの話題のキーワードが、ラピュタ関連で埋まっていた。

 ニコニコ生放送では、放送を観ながら配信するユーザー生放送が幾つも存在し、普段からラピュタのキャラの声真似をする生主の放送が人気を集めていた。

 こういったことで盛り上がれるのも、同じ時間に同じ物を観ることが出来る、共有することができることが前提であり、事前知識と共通認識が盛り上がり要素には不可欠です。

 そんなことを思っていたときに「「いまのニコニコ動画には不満」--ひろゆき氏が語る3年目のジレンマ:スペシャルレポート - CNET Japan」の記事を読む。
「テレビの劣化版を作っても仕方ない」
 もう1つ西村氏が不満に感じているのが、ニワンゴが提供する生放送番組の位置付けだ。現在毎週月曜日から金曜日の21時から、タレントなどが出演してトークを繰り広げる「とりあえず生中(仮)」という番組を放送しているが、西村氏は「生中が単なる劣化したテレビ番組になっている」と疑問を呈す。

 最近一番注目しているニコ生の話に食いついてみる。

 結論からすると、「コレ(ラピュタ)をニコ生の運営がやってみては?」なのですが、それはまた別記事で詳しく書く。

FC2 ブログも無料でバナー広告ありませんよ 

フリーミウムは4Cへの道を拓くか - 煩悩是道場
例えば無料のウェブログサービスを使うとすると、はてなダイアリー以外の殆ど全てのブログサービスには何らかのバナー広告が挿入されていて取り外す事が出来ません。良心的なのははてなだけ!と言いたいところなんですけれど、はてなの場合キーワードリンクなどがデフォルトになっていてSEOを高める事によってはてなという企業自体の価値を高める事に主眼が置かれているのだ、と推察しています。

 FC2 ブログには、バナー広告ありませんよー FC2 は非常に良心的ですよ。キーワードリンクも無くせますし。ただ、データベース的には、ちょっと脆弱性があってアレですが。このブログのどこにバナーがありますやら。一番下にひっそりと[PR]の広告リンクがあるだけですよ。

 FC2 ブログは、一ヶ月更新しないと自動でトップページの最新記事のところに広告リンク記事が出ますが、それはアクティブに更新していないいわば「負債」ブログなのだから仕方ないでしょう。納得できますよ。で、記事をまた書けば消えるんですからね。良心的なのははてなだけではありませんよ。

 はてなで書いてて、はてながいいとアピールしたいユーザーの気持ちはわかりますが、もうちょっと調べていただけるとよろしいかと。
[タグ] ブログ
[ 2009/12/01 18:18 ] ブログの話 | トラックバック(0) | コメント(2)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。