『斬(ZAN)』

主に Web(ウェブ),ブログ(blog),サイト,ニュース,CGM などネットで視た様々な出来事を『斬』りますよ。
2010 01123456789101112131415161718192021222324252627282010 03

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

「他の人の放送で私の名前を出さないで」問題について考える 

 ニコニコ生放送である程度のコミュニティ(コミュ)が育つと出てくる問題の一つが、この「他の人の放送で私の名前を出さないで問題」です。

 コミュ限(コミュニティメンバーオンリー)の放送でも立ち見が出るほどに大きくなってくると、たとえ良質な放送でも一定数のアンチというかノイズが発生してきます。

 コミュが育っていく過程で放送主(生主)同士間の繋がりも出来てきますので、双方のコミュに入っている視聴者(リスナー)の数も比例して増えていきます。

 その場合、どちらかの放送主を贔屓したくなるのが人の常です。そのため、放送中に別の放送主の話題を出したり、@をつけて固定ハンドルネーム(コテハン)にして、放送主に成りすましをしたりする輩が現れます。

 ある程度知名度が上がれば、他の放送内で自分の名前が話題に出されるのは致し方ないことです。しかし、名前を出された当の放送主にとってみれば、他の放送中の放送主を不快にさせたり、迷惑になったり、で見ていていたたまれない気持ちになるのです(後で聞かされたりしても辛いことでしょう)。

 同じ放送主の立場として、そういった類のコメントを不快に感じたりすることを知っていますので、それが気になって悩んでしまうというものです。

 そこでその悩みを打ち明ける放送をすることになるのが、この「他の人の放送で私の名前を出さないで」という依頼と告白です。

 結論からすると、放送主がスルー力を鍛えるしか、今は対策がないのです。たぶん、それ以外の得策はないでしょう。

 優良な常連リスナーは、最初からそーゆー配慮が出来ますし、元々しません。中途半端なリスナーには、効果的ですが、それも一時的なものに過ぎません。リスナーが常連ばかりではないですし、新規のリスナーには、そういった問題で放送主が悩んでいることを、直ぐには分かりえないという問題もあります。

 元々アンチやノイズ目的で訪れる心無いリスナーには、「暖簾に腕押し」「ぬかに釘」で、聞く耳を持ちませんので効果はありません。むしろ、あまりヒステリックに訴え続けると、それを面白がって逆効果になってしまいます。

 特にニコニコ生放送のように、表面上匿名コメントの、一対多のコミュニケーションで成り立っているサービスでは、「人の口に戸は立てられぬ」のです。恣意的にその時の好き勝手な感情を吐き出すのが生放送のコメントの良さでもあり悪さでもあるのですから。

 しかも、ユーザーの年齢層も幅広く小中高生から四十代五十代以上のリスナーもいるのです。特に小中学生には、そういった放送主の立場に立って物事を考え配慮することなど、元々無理な話です。むしろ「他人の不幸は蜜の味」的な考え方をして嫌がらせをして楽しむ輩だっているのです。

 Twitter でさえ、大の大人が恣意的な感情の爆発による失言で炎上するのですからね。ニコニコ生放送での匿名コメントでは、ある程度の不快コメントは、受け入れないと精神的に辛くなるだけです。

 全てのリスナーを満足させる放送というのは、目指すことではあっても達成できることではありません。また、全てのリスナーに好かれることも当然無理なことです。

 ある程度のアンチリスナーの存在を割り切って受け入れて、適切に、その都度対応していくしかないでしょう。常連(信者含)リスナーとアンチリスナー間で言い争うのも、放送主にとっては辛いことでしょうし。

 アンチリスナーの存在を認めて、徹底的にスルーするか、都度冷たい態度で指摘していくか。放送主が決断していかなければならないでしょう。

 これも有名税の一つなのでしょうね。
スポンサーサイト

使ったことねぇー 

兼ねさせて頂ければ幸いです。 - Google 検索

「兼ねさせて頂ければ幸いです。」って何を調べたかったのでしょうか?使いまわしか何かですかね?

 何にしろ、あまり使ったことないですね。

動画配信と Twitter の併用の危険性について 

「ダダ漏れ」に対して感じる脅威と危惧、そして可能性 - 記者の眼:ITpro

 この記事が、直接関係あるのではなくて、タイトルを見て気がついたことです。

 最近、ニコニコ生放送、スティッカム、USTREAM などの動画配信サービスの配信者(生主)の中にも、Twitter や Amebaなうなどのマイクロ(ミニ)ブログをはじめた方をよく見受けます。

 配信者の中には、一人暮らしの人も多い。そして、その多くが、自分の部屋を映して配信しています。つまり、「ダダ漏れ」です。

 ケツダンポトフのそらのさんは、「ダダ漏れ」で配信しているといっても、仕事の一部としてやっています。決して私生活まで「ダダ漏れ」は、していません。

 しかし、ニコ生などの配信者の多くは私生活の「ダダ漏れ」です。この人たちが、さらに Twitter でつぶやき、私生活を「ダダ漏れ」させています。

 「起きた」、「寝る」、「○○なう」等々、行動の一部を書き込みます。

 一人暮らしとばれていて、行動まで書くとなると、今部屋にいるかいないかまで晒していることになります。

 これは、空き巣にとってこの上なくやりやすいでしょう。外配信なんてしてたら、間違いなく今いる場所が部屋ではないことが分かりますし、住んでいる所が特定されていれば、どれくらいまでの時間、家に帰れないかも分かります。

 配信で自分の部屋を「ダダ漏れ」し、個人情報の一部も配信によって、知らず知らずに漏らしています。さらに、Twitter を使って、行動や生活習慣などの個人情報を「ダダ漏れ」させているのです。

 これを安易に続けていると、生活パターンのほとんどが分かってしまいます。動画配信だけでも十分情報漏えいの危険があるのですから、Twitter まで活用してさらにその危険を増やすことは避けたほうがいいのでは、と危惧します。

 「ダダ漏れ」させるにしても、ある程度意識して、みせてもいいか悪いかの判断をして、線を引くことをお勧めします。

Twitter を辞めるのに宣言はいらないな 

twitter止めてから一週間で考えたこと - はてなで留まってすぐ溶解

 たいしたサービスではない。やるだのやめるだの勝手気ままでいいじゃないか。

 つぶやきたけりゃつぶやきゃいいし、つぶやくことがなければつぶやかなければいい。

 やめるとかやめないとか、どうでもいいような……

 放置してても害はほとんどないだろう。ただセキュア部分での問題はあるけれど……

 はっ! まさか、Twitter の設定に、くそ真面目に実名や現住所の番地までしっかり入れていませんよね?

 そーゆーことで、放置するなら消したほうがいいとは思いますが。
[タグ] Twitter
[ 2010/02/13 22:22 ] ウェブの話 | トラックバック(0) | コメント(0)

ニコ生の「タイムシフト機能」と「ニコ生クルーズ」の雑感 

12/23福岡発表の(9)新機能を紹介!‐ニコニコニュース
■タイムシフト機能「ユーザー生放送」「チャンネル生放送」に対応!
■「ニコ生クルーズ」でユーザー生放送をより楽しく!
12/23福岡発表の(9)新機能を紹介!‐ニコニコニュース

 大会議を行うたびに追加される新機能。福岡では「タイムシフト機能」と「ニコ生クルーズ」の二つ。

 「タイムシフト機能」は簡単に言えば、生放送をコメントつきで録画されて後で観れる機能。ただし、ユーザー生主側の権限でタイムシフトの可否が選択できるため、この機能が使えない放送もあります。

 生放送のよさを消してしまいますが、毎回好きな生主の放送が観れるわけではないでしょうし、好きな放送が被ることもあるので、この機能は便利です。ただし、生主側からすると、録画されて記録に残されるのは、何とも後ろめたい場合もありますね。いわゆる利用規約上の問題で、違反があるか後から検証されやすくなりますしね。

 さて、年が明けてしばらくこの「タイムシフト機能」はどうしてるかを、検証してみると、個人的には、この機能をほとんど使っていない。理由としては、

 ・ユーザー生放送の場合は予約枠になるので、それほど録ってまで観たいとは思わない。
 ・生主が不可にしている。
 ・生放送を観てる時間が多くて、タイムシフトの放送まで録って観る余裕が無い

 この結果、あまり有効的には活用できていません。ただ、あれば便利な機能ですので、今後何か使える方法がないか模索中。

 「ニコ生クルーズ」は、簡単に言えば、「運営の放送荒らし」(笑)です。
ユーザー生放送で放送中の番組を「ニコ生クルーズ」に乗って紹介していく番組です!
・・・簡単に説明すると「世界の新着動画」のユーザー生放送版です。「凸待ち」カテゴリーからランダムに選ばれた番組を、初日は17時30分から26時30分、以降は20時30分から26時30分にかけて「ニコ生クルーズ」する予定です。

再生中の番組をこのまま視聴するか、しないかのアンケートが表示され、回答に「いいえ」が多かった場合には次の番組へスキップします。なお、「ニコ生クルーズ」に紹介されるときには、放送者に前もってそのお知らせが表示されるようになってます。
12/23福岡発表の(9)新機能を紹介!‐ニコニコニュース

 これも、最初のころは生主側に戸惑いが多く混乱しているのを見かけました。しかし、今となっては、クルーズに乗ってるリスナー側もクルーズが来る生主側もある程度対応を覚えて、それなりに楽しめているようです。自分もここから面白い放送を幾つか見つけることが出来たので、いい機能だと思います。ただし、ひっそりやってて面白いところは「凸待ち」カテゴリにはしないでクルーズが来るのを嫌う傾向にありますので、まだまだ掘り出し物の放送はあると思えます。以前、このブログで
 ランダム受信とかのサービスがあってもいいかもしれませんね。ブログでも一緒でしょうけれどね。何か探しやすいツールというのは、あってもいいような気がします。折角のプレミアム会員なのですからね、生主は。

 生主を続けてもらうほうが、ニワンゴにとっても良いのではないでしょうか。人気至上主義なのは、ある程度仕方ないとは思いますが、弱者救済案も欲しいところです。
『斬(ZAN)』 ニコ生の枠が増えて過疎放送になる生主が増えてるらしい

 と書いていて、それが「クルーズ」によってうまく実現されています。このあたりのサービスの充実さ、行動力の早さに、ニコニコの勢いを感じます。

 もう少し、穏やかなひっそり放送の掘り出し方法があれば尚更いいのですが、それを公式でやるのは難しいですかね。クルーズだと団体移動ですので、これを個人単位(もしくは少人数)で出来る何か。コメントできないけどランダムで生放送を受信してクリック一つで次に移動できるってのがあれば便利かな。4窓分割で開けて、アンケ機能で、次の場所を選択して移動できるとかもあれば便利でいいな。

あえて今、ブログで記事を書くほうがいいかもしれない 

 最近では、ちょっと前まで面白いブログ記事を書いていて人気だった人が、Twitter に移行してしまい、さっぱりブログの更新をしなくなってしまった、なんてことをよく見聞きしますよね。

 しかし、その Twitter のお陰で、面白い記事は、Tweet や RT で紹介され、一気に話題になって注目されたりします。

 つまり、今、面白いブログ記事を書けば、前よりもライバルは少なく、目立つことが可能な状況とも言えるのではないでしょうか。

 時間をかけてじっくり仕上げたブログ記事を書くことをしなくなってしまった人たちが増えれば増えるほど、そのチャンスは広がるといえるのですよ。

 ただし、あなたが Twitter 系サービスに嵌ってしまい、ミイラ取りがミイラになってしまったら仕方ないんですけれどね。

 それと、もし書くのであればそれは、あくまでいい記事ではなく、目立つような面白い記事を書くことでしょうね。

 Twitter という新たな話題元ができたことは、ブロガーには凄くメリットになるのではないかと思います。

 個人ニュースサイやはてブなどのソーシャルブックマークに匹敵する集客力がありますので、これを利用しないのは、ちょっと勿体無くもあるのではないでしょうか?


[関連]
 ・Twitter / FUJIPON: 本当に言いたいことがある人は、いまこそブログを書くべ ...

ニコ生の放送枠はどこまで増やせるのだろうか? 

【ユーザー生放送】(本当に)今年最後の枠増設‐ニコニコニュース
9月に実施した、ユーザー生放送1,500枠増設が本年最後の増設予定のはずでした。

・・・が、本日急遽1,800枠への枠増設を行いました!待ち時間の悩みもこれで解消!

ということで、本当に今年最後の放送枠増設になります。

 2009年12月25日に300枠増枠された。これは、2009年12月12日に変更された、ユーザー生放送の枠取り方法が、『順番待ち』に変更されたため、特にゴールデンタイムの放送枠が順番待ちでひどく待たされたことによる対応と思われる。

12/12に発表された新機能を紹介!‐ニコニコニュース
■ユーザー生放送『順番待ち』機能

ユーザー生放送の空き枠がない時、画面に「(順番待ちの)最後尾に並ぶ」ボタンが出現。
クリックして順番を待てるようになりました!順番が回ってきたら「放送開始」ボタンが
順番待ちページに現れ、生放送を始められます。

 1800枠というと、30分1枠ですので、単純に換算して1分あたり60枠が放送を終えることになります。つまり1800人なら30分待ち。900人なら15分待ちです。

 年を越えた1月15日現在でも、待ち時間はあるようで、500人待ちとか書かれているのをTwitterなどで見受けられます。それでも15分程度の待ちなので、それほどのストレスはない模様です。

 順番待ち最初のころは、他の動画配信サービスで避難所として放送するなどしていたようでした。現在は“慣れ”も出てきたのか、戻ってきてニコ生で放送している人が多いように見受けられます。

 運営サイドの、この辺りのストレスの与え方と慣れさせ方のさじ加減が絶妙にうまいですね。やはり集客力とユーザーサービス機能の充実さが、他の配信サービスとは違うため有利に働くのでしょう。少しくらいのストレスなら慣れてしまえば放送主は元に戻ってくると。

 今後も放送主が増えていくとしたら、枠とかどうするのだろうな?と思います。いつまでも増枠できるほど回線に余裕はないでしょうし、でも放送するユーザーは増やしたい。

 でもそれで順番待ちが増えればユーザーはやる気を削がれて減ってしまうでしょうし。どの辺りが妥協点で、いつ飽和するのか今から気になります。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。