『斬(ZAN)』

主に Web(ウェブ),ブログ(blog),サイト,ニュース,CGM などネットで視た様々な出来事を『斬』りますよ。
2011 051234567891011121314151617181920212223242526272829302011 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

かっこいいかつらの使い方について思うこと 

かつらを捨てるのは潔いことなのか? - あれとかこれとか (Lefty)

 以前から、ウィッグ(Wig:かつら)って、女性やコスパー(コスチュームプレイヤー)などは気軽に使っているのを、ニコ生なんかみてるとよく見かける。

 おしゃれのかつらと切実なかつらで違いがあるのかもしれないけれど、かつらって便利だなってことを感じたことがある。

 某放送主(生主)さんは、若くして病気のせいで頭髪が残念なことになっていて、かつらを被っている。しかし、とても似合っているし、かっこいい。知らなければ、かつらと気がつかないほどです。放送中のコメントではいろいろそのことでバカにされたりもするのだが、ある意味、生主としてはいじられて美味しいというちょっと違った見方もできる。

 実生活では大変なんだろうけれど、かつらを何個もそろえることができれば、ファッションとしての幅が出ますよね。

 この服には、このウィッグ、この衣装では、こっちとか。女性なんかは普通に使い分けてたりします。コスプレのときは当然、対象に合わせる訳ですが……

 そんなことで、髪を切ってもらうのが、大嫌いな方なので、いっそのことバリカンで五分刈りにして、かつら被って生活しようかとまじめに考えた時期がありました。

 余談ですが、最近は、セルフカットでバリカンで刈ってます。カットモードってのを使ってて、これがすこぶるいいのです。すでに美容院にいく分の元は取った。

 おっさんになると、髪型って煩わしいだけなのです。自己責任で自分で切っちゃうほうが、完成時の不満が自分自身の責任になるので、ストレスが無い。購入時に、カットモードでうまくいかなかったときは、ホントにかつら買うか、五分刈りでいくかを検討しましたよ。

 話を戻します。

 かつらのランニングコストや面倒さがイマイチ分かりませんが、髪型や色を自由にその日の気分で変えられるってのは、すごくいいよなーってことを思ったのです。

 癖毛で、理想とする髪型は得られないし、ブローしたりする手間もある。髪を洗う時間も五分刈りなら楽だし、シャンプー、リンス代もお得。

 それで、気分で柔らかくて、さらさら流れる髪型や茶髪、時には奇抜な色の髪にもできる。ビジネス用と遊び用でも使い分けられる。

 整髪料を使っても、なかなか思うようにいかず、へんてこな髪型になることも無い。

 考え方を変えると、かつらってのは非常に使い勝手がいいのですよ。女性はそのことに気がついているので、若い人でも、よく持ってたりする。

 男性はどうしても、薄くなってきてからやむを得ず使うという、「使ったら負け」みたいな負のイメージが強いせいもあってか、かつらに対する偏見がある。

 なので、もっとかつらってものを男性がファッションとして楽しめるようになれば、市民権を得て、薄くなってから使う人との抵抗を少なくできるんじゃないか思うのです。

 コスプレやオタクもまだまだ気持ち悪がられたりしますが、だいぶ市民権を得てきています。かつらもある意味、なんちゃってイケメン(とか雰囲気イケメン)のコスプレとして利用すればいいんじゃないかと。そうすればいずれは、市民権を得るんじゃないかと思ったりします。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。