『斬(ZAN)』

主に Web(ウェブ),ブログ(blog),サイト,ニュース,CGM などネットで視た様々な出来事を『斬』りますよ。
2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

「発表の場」としての個人サイトが埋もれていくのは確かだろうけれど…… 

「発表の場」としての個人サイトは絶滅する。

 あえて誤解を招く恐れを含んではいるがリアル社会で喩えてみる。

 例えば、商店街と大型ショッピングモールとか、個人出版と大手出版とか、インディーズレーベルと大手レコード会社とか、それらと比較してみればいいんじゃないか?
 リアルでも、実力があれば、発表の場なんてどこでもいいだろ?もちろん、大手の場合は、運>>実力 のときもあるだろうけれど。

 口コミなどで人気が出た実力のある個人店なら、場はそれ程関係ない。もちろん、テナントとして大手ドコロの集客力のある場に出ればさらによいこともあるでしょうが。それがデジタルの「トキワ荘」と言われればそうなんだろうけど。

 確かに個人という底辺が増えれば、場そのものは埋もれていく、それはある。でも、「発表の場」であることに変わりは無いよ。埋もれてしまうのは単に実力(人気、個性)が無いだけじゃない。

 埋もれてるモンを発掘する人は必要だろうけど、画家だって亡くなってから評価される場合もあるんだから、焦る必要も無いんじゃないだろうか。

 もっとも、Web に作品を残し続けられる可能性というのは、意外と少ないんだけどね。それでもいつか発掘されて評価されることもあるのではないかと。

 それと、どこまで目立ちたい(目立たせたい)かってことだろうね。仲間内だけでいいのか、より多くの人たちなのか、一躍人気者になって大衆にブイブイ言わせたいのか。

 それぞれの要望が叶えられる場が存在しさえすれば、それでいいと思うんだけどな。

[関連]
『「発表の場」としての個人サイトは絶滅する』を読んで。 - 涙目で仕事しないSE
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://souryuusei.blog61.fc2.com/tb.php/250-136f84a4

http://souryuusei.blog61.fc2.com/blog-entry-250.html  元々、見つからなかったじゃないかと思う面があったり。インターネットという大海の中で、自分の書いた文章をメッセージボトルに例えた事があったけれど、ほとんど見つからない可能性のある物なんじゃないかと。確
[2008/11/15 23:27] 明日は明日の風が吹く


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。