『斬(ZAN)』

主に Web(ウェブ),ブログ(blog),サイト,ニュース,CGM などネットで視た様々な出来事を『斬』りますよ。
2007 05123456789101112131415161718192021222324252627282930312007 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ブログが続かないのはケガレやすいからではないかと 

穢れ - Wikipedia
近年の民俗学では、「ケガレ」を「気枯れ」すなわちケがカレた状態とし、祭などのハレの儀式でケを回復する(ケガレをはらう、「気を良める」→清める)という考え方も示されている。
穢れ - Wikipedia

 ブログは多くの場合、「ケ」の状態で始めることが多いもの。無名の一般人がブログを始めれば、最初はほとんど誰も訪れてくれないし、読んでもくれない。まさにスルーされる。
その「ハレ」っていうのがどういった「ハレ」かが私には問題だから。ただのアクセスの過多が「ハレ」には私にはならないからだと思う。私にとっての「ハレ」は、たとえばその人一人に向けて書いたものが、ちゃんとその人に届いてて、その人が絶妙な反応をしてくれた時。そういうのを何度か経験するとね、もうね、それ以外のことは「ハレ」じゃなくなるんだよな。
ノイズなツブヤキ それってんまいの?

と書かれているように、そのブロガーにとっての「ハレ」というのが、何かしらあるはずなんですよ。それがブログを続けるモチベーションを維持させる。「ケ」ばかりが続き、「ハレ」が来ないとどうしても「ケガレ」てしまい、それが元でブログをやめてしまうことも多いんじゃないでしょうか。

 もちろん、「ハレ」ばかり続いたり、突然想定外の「ハレ」が来て、その「非日常」に耐えられなくてやめてしまうケースもありますよね。これもある種の「ケガレ」ではないかと思います。

 ブログを続けるには、そのブロガーにとっての「ハレ」を見つけること。そして、その「ハレ」の日が定期的に訪れてくれること。この2つがうまく重なったとき、長続きするのではないかと思いますね。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。