『斬(ZAN)』

主に Web(ウェブ),ブログ(blog),サイト,ニュース,CGM などネットで視た様々な出来事を『斬』りますよ。
2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

L change the WorLd を観た感想など 

『L change the WorLd』感想 - 琥珀色の戯言

 先日TV放映された『L change the WorLd』を観て、その後直ぐに上記リンク先を読んだ。

 『L change the WorLd』を観た感想は、単純に面白かった。なのですが、リンク先の感想も、そーいえばそうだよなって共感できる部分もあり、違った視点を楽しめました。
 ただ、
この「スピンオフ作品」は、本当に「残念」だとしか言いようがありません。姿形とお菓子ばっかり食べているところは「L」なのかもしれないけど、この映画って、Lの「らしいところ」が何一つありません。
『L change the WorLd』感想 - 琥珀色の戯言

 と書いてますが、むしろそーいった「L」を描きたかったのだと思いますよ、アレは。あえて言えば「松山L」という「L」であり、原作の「L」とは別物だと思います。本当の「L」は、アニメか漫画で「スピンオフ」を作ればいいのであって、あえて冒険したのが実写版の「松山L」だと思うのですよ。

 それには、「L」が「死」を決意しデスノートに自分の名を書くことで、「個」の「生」を強く意識する。また一番近しい存在の「ワタリ」が死んだことで、「ヒューマニズム」を意識せざるを得なかった。その場面を「スピンオフ」の設定場所に選び、今までの「L」とは違う、別の「L」=「松山L」を作りだした演出はうまいと思いました。

 もちろん、仰るように突っ込みどころは満載でした。

・ナンチャンのあの FBI 捜査官は無いだろう
・キラによる神の裁きが行われている(た)状況下で、「ウィルステロ」による人類浄化計画は無いだろう
・都合良過ぎる「抗ウィルス薬」完成(都合よく機材そろい過ぎ)
・なぜ共著の先生が、何日も見つけられない?「K」は知ってるだろ、その手の権威なんだし。常考。
・投与したらすぐ利き過ぎる「抗ウィルス薬」。
・ウィルス発症時間が、あまりにも個人差ありすぎ。

高嶋政伸も、あんな顔して出てきたら、あの顔が何かの「伏線」だと思いますよね普通。

・激しく同意。過去に何らかのトラウマストーリがあるだろうと思った。

 他にも、突っ込めばきりが無いのですが、アニメ(漫画)的なイメージで考えれば、そういったリアリティがない部分は大目に見て、単純に面白いと思えたのでよしなんですけどね。

 最後に、ニアってのがスピンオフならではで良かったな。原作とは違うけど、あそこでニアを持ってくるのは、原作知ってる人からすれば面白い演出だったと思います。伏線もしっかりあったし。


[関連]
超映画批評『L change the WorLd』5点(100点満点中)
【2ch】ニュー速クオリティ:「L change the world」は漫画版を見ていたファンが見たらガッカリする
(´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ):L change the WorLd 58点(100点満点中) - livedoor Blog(ブログ)
『L change the WorLd』 かんそう - すきなものだけでいいです
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。