『斬(ZAN)』

主に Web(ウェブ),ブログ(blog),サイト,ニュース,CGM などネットで視た様々な出来事を『斬』りますよ。
2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

「アルマゲドン」を観た感想 

 先日、テレビで観た。なんつーか、アメリカ映画らしい映画だなぁーってのが第一感。この映画も突っ込みどころが多いのだけれど、アメリカ映画は、元々その傾向が強いのでまぁよしとする。途中から息もつかせぬハラハラドキドキの怒涛の展開に持ち込むのが醍醐味なのでね。でもその強引さは、かなり引くものがある。
 前から感じているのだが、アメリカ映画にはトロいヤツがいて、必ず何かヤらかす。もう上島竜平メソッドで、フラグ立ちまくりんぐなのですが、このトロいヤツには、毎回苛つくのですよね。ロシアの宇宙ステーションでの燃料補給のときのアレだって、「200」超えたら報告しろってのは、もろフラグだし、補給止め?のコックが壊れちゃうのは、コントでしょ。で、あーなったらすぐ爆発するはずなのに、なかなか爆発しない。チャレンジャーの爆発事故のように、燃料引火なら即爆発だよな普通。

 あと、核爆弾のタイマーが作動して、止めるのに時限爆弾よろしく赤の線を切るか青の線を切るかって、今時解除方法がそんな簡単な仕組みじゃないってば。しかも、最後にはリモコンで人力による爆破。いいかげん、あの配線のどっちか切れば止まるというお決まりの場面は見直したほうがいい。現実的じゃなさ過ぎる。まぁ、人生でアノ場面を経験するのは、宝くじで一等当てるより難しい確率だろうけど、それでもアレはもういい加減にして欲しい。片や宇宙空間まで無線でタイマー発動。片や泥臭く赤の線か青の線のどちらを切ればいいかってどんだけ時代錯誤だよ。
(参考:火薬、爆弾の駄論) 
 
 金を掛けただけあって、面白いんだけど、今一リアリティに掛けてのめり込めなかった。それと、ブルース・ウィリスがどうしてもダイハードと被るので、最後絶対都合よく生き残るんじゃないか(くじで外れ引いた A.J と最後入れ替わる展開はお約束過ぎ)と思っていたけど、それが叶わなかったのが、一番の驚きかな。

 まぁ、途中まで『ディープ・インパクト』と混同していて、いつ脱出シーンがあるのか期待していたのは内緒。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。