『斬(ZAN)』

主に Web(ウェブ),ブログ(blog),サイト,ニュース,CGM などネットで視た様々な出来事を『斬』りますよ。
2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

絶対残る(残す)方法を考えたい 

 何気に、
「ふと、あと100年もすれば、今生きてる人の殆どはもういないんだよな。」
と感慨にひたっていた、とある晴れた午後。

 そうすると、こんなちっぽけな凡人が、生きていた存在を残す方法ってあるのだろうか?と、その方策を考えるべく、思いを巡らせたりしていた。

 ウェブにブログを書き綴ってはいるが、これが、未来永劫残る可能性は極めて低い。さりとて紙は脆弱だし、石に彫るか、オブジェに刻むか、墓標でも今のうちに作るか。

---

 なぜ、残したいのか。なぜだ。生きた証など、死んでしまえば意味は無い。歴史に残るようなことをしたわけじゃない、ただの市井のひとりにすぎないのに……

 残る者と残らない者がいるのが不公平なのか、あるいはそれは残るべきが残るので公平なのか……

 骨も存在も残す必要などはない。ただ、「そこに確かに居た」ことを残したいだけ。なぜなら残らなければ、「無い」も同じだから。

 残すって何だろう。

 残るってどーゆーことだろう。

 「何」を残したいのだろう。

 「何」が残るのだろうか。
 

[参考]
まさゆき研究所 QRコードを篆刻する
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。