『斬(ZAN)』

主に Web(ウェブ),ブログ(blog),サイト,ニュース,CGM などネットで視た様々な出来事を『斬』りますよ。
2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

新環境になかなか慣れないなぁ 

 新 PC に今日は電源すら入れていない。どうも CRT モニタが目にくるので敬遠気味。もっとも体感は凄くいいのだけれど、まだ環境がベストじゃない。数年前は同じ CRT で同じような環境で使っていたのに、なぜか今では凄く疲れるし馴染まない。

 結局、今までの環境でも何とかなっているので、そちらのほうが慣れててそっちにしている。

 はやく液晶モニタを買って、快適環境を整えなければ、なかなか新 PC の良さにあり付けないぞ、と。

 CRT モニタでちょっと調べたら、こんなのがあった。
一般に、液晶のほうがCRTより目に優しいと言われています。
・・・というか、私が、それ関連の業界の仕事をしているとき、それが定説でした。

それは、液晶はCRTよりも文字表示が鮮明であるということです。
文字がにじんでいると、目の焦点が合わせにくく、目の疲れ、視力の低下につながります。
CRTも品質の良いものは、わりと鮮明なのですが、使ってるうちに劣化してきて、文字が膨らんだ感じににじんできたりします。
液晶には、この問題が全くありません。

ところで、
フリッカ(ちらつき)については、液晶、CRTともに可能性がありますが、液晶の場合は液晶パネルの調整をちゃんとやって出荷されていて、かつ、バックライトの蛍光管のちらつきがなければOKですし、CRTも、ちゃんとしたものであれば、ちらつき無しです。


しかしながら、両者の立場が逆転する場合があります。
それは、動きの速い動画を見るときです。
特にDVDなどの映像を見ると、液晶では応答速度の問題で、裾引きがあり、結果として、動く物体の輪郭がぼやけて見えます。
これは目の疲れの元になります。
(これは業界では「残像」とは言いません。残像とは、静止画を表示した後、瞬時に全面まっさらの画面に切り替えたとき、静止画の画像が影のように一定時間残ることを言います。)
CRTでは、応答速度が速いため、液晶のような動画の問題がありません。


ということで、結論ですが

・パソコンで文字を扱うときは、液晶のほうが目に優しい。
・DVDやテレビなどを見るときは、CRTのほうが目に優しい。

となります。
液晶モニターとCRTモニター - 教えて!goo

 うーん、ここに書いてあるように文字がにじんで疲れるんだよね。焦点合わせづらい。それに、妙にチカチカするし。液晶モニタ早く買わねばなぁ。

 CRT は、動画専用にしようかな。

 そーすると、選択肢は絞られてくるなぁ
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。