『斬(ZAN)』

主に Web(ウェブ),ブログ(blog),サイト,ニュース,CGM などネットで視た様々な出来事を『斬』りますよ。
2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ケースファンはそれほど音が出ていない 

 静音対策です。今回は、ケースファンがどれくらい影響しているか、ケースファンをマザボのコネクタ差込部から外して実験してみました。

 マザボでケースファンは監視できるように BIOS で設定できます。でも、その設定は解除されているようで、ケースファンのコネクタを外しても、警告音はなりませんでした。後で BIOS でどうなってるか、確認してみようかな。

 外して分かったことは、確かに少し音は抑えられる。しかし、それ程の効果があるわけじゃないような感じ。それよりももっと大きな音の発生源がある。ファンを回した時とそうじゃないときでは、体感での違いはごくわずか。もっとも共振する部分はあるでしょうから、回さないほうがいいのは確かです。でも効果的な改善部分はそこじゃないですね。

 やはり元から付いてるのが静音ファンですからそれなりに静かでした。でも超静音に惹かれるのも確か。
ここはグッとこらえて問題の発生源を探します。

 次は、CPU クーラーのファンと電源ファンですね。CPU ファンは確か BIOS で回転数制御が出来るでしょうからそこで一旦回転数を落として、ファンから出る音を確認してみます。

 E5200 の低発熱で負荷をかけない状況なら、ちょっとくらいの確認による回転数制御なら問題ないでしょうからね。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。