『斬(ZAN)』

主に Web(ウェブ),ブログ(blog),サイト,ニュース,CGM などネットで視た様々な出来事を『斬』りますよ。
2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

日本のウェブの時代は、これからは「等身大の日常」と「生感覚」なのかな 

 最近また話題にのぼってる Twitter と、自分の中でちょっと気になってるニコニコ生放送とを結びつけて考えてみた。そうすると、最近のウェブのキーワードは「等身大の日常」と「生感覚」なのかな、と思いつく。

 庶民が普通につぶやいたり gdgd(グダグダ)してるのを垂れ流してて、その中から面白いものが話題になるって感じなのかな。

 ほとんど、日常の延長線上にウェブのサービスがあって、それ程お金や手間をかけなくても気軽に使えるサービス。しかもそこには、やはり CGM を上手く利用している1対多のコミュニケーションがある。その中に、ちょっと間接的なゆるい繋がりがあって、そこから直接的な1対1の繋がりも出来るような仕組みもあるあたりが良いようですね。

 生ならではの意外性やその時ならではの流動性が刹那的でも面白いと感じられるってのが、gdgd であっても受け入れられるんでしょうね。

 そう考えると、日本のウェブの方向性は、ハイブロウな人たちからするとやはり「残念」な方向なんでしょうね。

 ただ、より庶民に身近になっていく方向は悪くないと思うのですれどね。ウェブで商売するほうには、難しい方向だとは思いますが、それでもそこはハイブロウな人が頭使って考えてくれればいいわけでしてね。ユーザーは、楽しませてくれればいいわけですから。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。