『斬(ZAN)』

主に Web(ウェブ),ブログ(blog),サイト,ニュース,CGM などネットで視た様々な出来事を『斬』りますよ。
2007 05123456789101112131415161718192021222324252627282930312007 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ゆるさと気軽さと敷居の高さと 

「ご意見有難うございます」だけならBotでも書ける - 煩悩是道場
「ほぼ日」のウェブサイトも大幅にリニューアルしましたけれど、未だにトラックバックやコメント欄の無いスタイルで運営されている事に変わりはありません。消費者が何か言いたい事がある時はメールフォームから書く以外、ない。だけれどもそれで問題が起きていないのはメールマガジンなどで「●●さんからのご意見、有り難うございました」ときちんと丁寧に糸井さん名義でお返事があるからなのではないでしょうか。「ほぼ日」に於ける糸井さんの立ち位置というのは様々なのですけれど、メルマガで消費者から寄せられた意見に答えている糸井さんというのは糸井重里という個人を超えた白石さん的立ち位置のキャラクターとして消費者と「ほぼ日」をブリッジするイコンとしての役割を果たしているように思う。

 コメント欄、トラックバック欄の管理って、運営上無駄なコストになりがち。アメブロあたりは、開放して人的にノイズを取り除いてるけど、回収できるようにトラフィックを稼いだりして 広告収入>人件費 で自転車操業的に回してると思われる。

 個人の場合は、有名ブログなら『極東ブログ: もうコメント欄を承認制にしますよ。みなさんもそうしたほうがいいですよ。』な感じで、トラブルを未然に防ぐってのも提唱されています。

 つまり、「つぶやき」とか「思いつき」を気軽に投稿できるミニブログ系のものってのは、企業にとって身に成りにくいという面がありそうということ。よほど工夫しないと宣伝効果があがらないような……

 ある程度の敷居は上げておいたほうがいい。それでも一過言あるようなら、メールなり問い合わせフォームなりでも、言ってくるでしょう。お客様相談コーナーだって設置しているところも多いのでそちらで言えば済む話。「つぶやき」や「思いつき」は、ヒントにはなっても、そのヒントを得るための玉石混淆をどう峻別するか。

 参加するのと観るだけでも、かなりの違いがあるんでしょうね。1対多の場合は、多をいかに1対1に近づけるようにするかが求められるのだと思います。

 Twitter のゆるさがどこまで許容されるかを、よほど戦略的にリサーチしてシミュレートしてからでないと、ビジネスで活用させる場合は大火傷する可能性もありえますね。

 言ってる事は、ululun さんと一緒なんですけどね。自分なりに整理して書いてみた。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。