『斬(ZAN)』

主に Web(ウェブ),ブログ(blog),サイト,ニュース,CGM などネットで視た様々な出来事を『斬』りますよ。
2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ニコ生でコミュ限だから大丈夫という幻想 

 ニコニコ生放送では、アカウントさえあれば誰でも視聴できる放送と、アカウント+コミュニティに入っていないと観られないメンバーオンリー(通称コミュ限:コミュニティメンバー限定の略)の放送があります。

 多くの人に観てもらいたければコミュ限にしないほうがいいのですが、誰でも観られるために、時にはノイズが多くなって荒れることもあったりします。

 そういったときにコミュ限にすると、次の放送(次枠)からはコミュニティ登録者しか観ることが出来なくなり、ある程度ノイズに対してフィルタリングが出来ます。

 コミュニティメンバー登録には、自動承認と手動承認があります。多くのコミュニティは自動承認で、誰でも簡単にクリックだけでコミュニティメンバーに登録できるよう敷居を下げているのが現状です。手動登録の場合は、参加申請タイトルと参加申請コメントを記入して、コミュニティオーナー(≒放送主)から承認されることでメンバー登録されます。この場合は、非常に敷居が高く設定されていることになります。

 そして、最近では放送中にコミュニティメンバー登録をしても、その放送が直ぐに観られなくなっているようで、次枠から観られるようになっています。

 つまり自動承認だとコミュ限だからといっても、誰でも承認されてしまいますので、次枠からはほぼスルーで入ることが出来てしまいます。

 それでも、放送中に NGコメント や NGユーザー指定が出来るので、ある程度のノイズ対策は出来ます。しかし悪意を持った人なら、アカウントをいくつも登録して、コミュニティに参加することも可能なので、粘着されればいたちごっこになるのです。

 放送主(生主)は、コミュ限だからと思って安心して、常連リスナー向けのサービスをすることがあるのですが、それはあまりにも笊(ザル)であるといわざるを得ないのです。その辺りの認識が、今ひとつ生主には欠けている面があり、ちょっと怖く感じます。本来晒されたくないものでもキャプチャーを撮られたり、録画されれば情報の保存が簡単に出来てしまいます。

 アンチも常連リスナーの一人と割り切ればよいのですが、それはそれでちょっと怖い火種を抱えることにもなりますからね。

 コミュ限だからといって、不特定多数の匿名リスナーに無闇に個人情報を出したりするのは危険な行為であるといえるのです。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。