『斬(ZAN)』

主に Web(ウェブ),ブログ(blog),サイト,ニュース,CGM などネットで視た様々な出来事を『斬』りますよ。
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ニコ生で異性とのコラボ放送は荒れるもと 

 ニコニコ生放送を見ていると、たまに放送主(生主)同士でコラボ放送を行ったりします。

 生主同士が放送内やスカイプなどで仲良くなって、一緒に放送するのです。これが同性同士でのコラボやゲスト出演なら特に問題となることは少ないのですが、異性となると問題が起きやすい。

 どちらも生主ですから、それなりにリスナー(視聴者)がついています。これがサイレントマジョリティならばさほど問題はないでしょうが、コメントで生主とコミュニケーションしているリスナーですから当然物を言います。

 多くの場合、男性生主には女性リスナーが多く、女性生主には男性リスナーが多いです。特にイケメン男子と可愛い女子の顔出しならば、その比率は圧倒的でしょう。

 つまり、リスナー=ファンなのです。

 しかし、異性間のコラボ放送となると、どちらのリスナーも実はあまり面白くありません。コラボするくらいですから相手の生主と仲がよいはずです。なので放送中もリスナーを楽しませるよりも生主同士で盛り上がってしまいがちになります。いわゆるイチャイチャ放送です。

 また、放送内容にも気を使わないと問題となります。ちょっとでも色気のある話題ですと、どちらのリスナーも嫉妬してきて、コメントが荒れていきます。

 結局失敗して傷つくのは、生主とリスナーという誰得な結果を招きかねません。

 もっとも、釣りを平気で出来るような肝の据わった生主なら、そこからアンチを増やすことで、注目を集める売名にはなります。

 しかし、多くの生主は、リスナーを大事にしています。そしてリスナーも生主が初心者のころから絡んでいて「わしが育てた」と思っている人すらいるでしょうから、そこには儚くも濃い繋がりがあるので、それがコラボ放送によって軋轢となりかねないのです。

 もっとも、アンチとなるのは、たいていコラボ相手に対する嫉妬であり、コラボ相手に対してアンチな行為が行われます。そうでなければ、愛想を付かして好きな生主のもとを去っていくだけしょう。

 もし異性の生主同士で気があったとしても、余り積極的になりすぎると失敗します。せめて、ちょいちょい話題に出して、好きですアピールをする。そういった下地を固めてリスナーにも納得させるような配慮をしてからコラボ放送にこぎつける。この大人な対応が出来ればいいのですが、いかんせん、まだ未成年もよくいるので、のりで先走り、放送後に後悔して謝罪放送する羽目になります。

 リスナーさんもきっと分ってくれるはず、というのはなかなか虫が良すぎる話で生主の都合のいい言い訳に過ぎないです。仲良くなる過程もリスナーが知っていればいいのですが、いつの間にかケータイ番号や住所などの個人情報までお互い知ってるとなると、裏で何かあるんじゃないかという猜疑心から危険度が高まります。

 その結果、顔出しをやめたり放送自体をやめては元も子もありません(顔出しは危険なので、しないほうがよい場合も多いのですが、リスナー側からすれば顔を見たいというのはあるでしょうから)。

 たとえそれがどんな相手であれ、異性とのコラボ放送は慎重に進めないと火傷する可能性が高いと思います。相手の生主とくっ付くのが、最大の目的ならそれはそれでありなんですけれどね。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。