『斬(ZAN)』

主に Web(ウェブ),ブログ(blog),サイト,ニュース,CGM などネットで視た様々な出来事を『斬』りますよ。
2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

瞬な旬 

トリアージ、ケーキを売ってるかわいそうなぞうさんはどこにいますか?
トリアージの件は話題が拡散してますね。経営論か緊急医療か道徳かアウシュヴィッツか、どれか1つに絞ってくれ。ってカンジです。でわでわ。
[ 2008/05/24 22:45 ] [ 編集 ]
トリアージって「自転車置場の議論」になりやすいと思われるのですよ。まぁ、メタブログと一緒なんですけど。これも今後周期的にループする話題になるような気がしますね。
[ 2008/05/24 23:11 ] [ 編集 ]
トリアージは生き死にに直結する話なので、別テーマの比喩として持ち出すのは危険だよなーと思います。

>まぁ、メタブログと一緒なんですけど。

問いと答え、ではなく、問いそのものについて語るのがメタですからね。答えなんてどーでもいいのかも?
[ 2008/05/24 23:21 ] [ 編集 ]
http://childdoc.exblog.jp/7140736/
現場を体験した人の前では、言葉をこねくり回しているだけのブロガーは無力ですね。私も含めて無力。でわでわ。
[ 2008/05/25 00:42 ] [ 編集 ]
今回は「トリアージ」の話題をブログで用いるというのは、非常に注意が必要であるということを学べましたね。

誰もが口を挟みたくなるような問題(多くの場合被災(害)者側の立場として)ですが、客観的な立場で語っていると当事者および直接の関係者が読んだ時に、場合によっては不快な思いをさせてしまいますね。

それでも軽口を書けるのがブログのいいところだと思います。温度差が生じるのは仕方の無いことです。

何にしろ、どこかで線引きするというのは、悩ましく揉める原因になりますね。それが生死に関わる重要なことであれば尚更ね。
[ 2008/05/25 19:05 ] [ 編集 ]
>今回は「トリアージ」の話題をブログで用いるというのは、非常に注意が必要であるということを学べましたね。

いや、ちょっと違います。そのテの話題を気軽に言及することは危険だってことを分かっているかどうか?の線引き、察知能力です。
少しくらい長くブログを書いているんなら、火種は知ってるでしょ?と。

>それでも軽口を書けるのがブログのいいところだと思います。温度差が生じるのは仕方の無いことです。

軽口をたたいてもいいけど、言うんなら覚悟しろよ?ってことです。でわでわ。
[ 2008/05/26 00:32 ] [ 編集 ]
ちょっと違うかな

 もちろん、危険察知能力というのは必要だとは思いますが、「トリアージ」に過剰反応するのもどうかというのがあってね。

 現場の経験者の立場というのも分からなくは無いのですが、実際医療関係者など直接関係してる人達以外で「トリアージ」をしっかり理解したうえで語れってのも難しいと思うのですよ。

 凄く難しい問題だから、間違ってしまうこともあるだろうと。そーゆーのを、間違えてしまったからといって、あまり責め過ぎても酷だろうなと(例の喩え話の件を言ってるわけじゃなくてね)。

 軽口を書くというのも、入り口としてどうかということであって「トリアージ」によって実際トラウマを抱えている人達のことまで最初から慮ることなどできないだろうとね。温度差が生じるのは仕方の無いことというのは、そーいったことです。

 一般人が「トリアージ」について、気軽に話せない環境というのも、それはそれで息苦しいと思いますよ。話していくうちに理解を深められればいいわけで、最初から「その考え方は間違ってる!よく知らずに語って欲しくない!」と叩くのも、あまりよろしくないかな、と(心情としては理解できるけど)。だから軽口でもいいんじゃないかとね。
[ 2008/05/27 22:26 ] [ 編集 ]
>一般人が「トリアージ」について、気軽に話せない環境というのも、それはそれで息苦しいと思いますよ。

同感です。

トリアージは生き死にに直接関わる重い話だと実感している医療関係者は、重さを分かっているからこそ黙ってしまう。
しかし、一般人はねこ知り顔で分かったふうな口をきいたり、喩え話として持ち出したりする。
で、一般人のブログを見た現場経験者は「黙れ」「気軽に語るな」と言ってくる。現場経験者が文句を言いたくなる、その気持ちは理解できる。(と、こう書くと「分かるわけがないだろ」とか言われそう?)
ぢゃあ、どうすりゃいいの?と。語る資格のある者だけが語れる、というのなら語ってくれよ、と。語ってくれるのなら聴くよ、読むよ、と。
でも黙ってるぢゃん。重いからって。黙ってたら分からんよ、と。トリアージの認知度の低さは、口を閉ざす専門家(経験者)の存在も関係しているのかも?
でわでわ。
[ 2008/05/28 17:46 ] [ 編集 ]
トリアージは、誰でも関わる可能性があることですから、もっと一般的に広まって欲しいものです。ただし、誤解を招きやすいので、もう少ししっかりとした定義付けを行って、直接関わっている人達と、相互理解できる仕組み作りの必要性を感じます。

それには、温度差を超えて書けるウェブのブログなどのコミュニケーションツールも役立つのではないかと。お互いが、痛み合いながらも歩み寄らなければならない問題だと思います。


少し話はずれますが、秋葉原の無差別殺傷事件でも、一瞬「トリアージ」があったのだろうか?と考えてしまいました。
[ 2008/06/15 20:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。