『斬(ZAN)』

主に Web(ウェブ),ブログ(blog),サイト,ニュース,CGM などネットで視た様々な出来事を『斬』りますよ。
2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

Twitter とブログのブームは全然似てないだろ 

日本のツイッターの未来予想図は、2004年のブログブームを振返れば見えてくるかも。 : ワークスタイル・メモ
 ただ、2007年3月に私が初めてTwitterをレビューしてから今日まで日本のTwitterをみてきて最近感じるのは、Twitter界隈で始まっているいろんな出来事が、何となく2004年頃のブログブーム黎明期の出来事とシンクロしてきはじめているのではないかと言うこと。


 例えば、Twitterに広瀬香美さんが参入して、3日も経たないうちに発生した「ヒウィッヒヒー」祭りは、眞鍋かをりさんが2004年6月にココログをはじめてから2週間ぐらいで巻き起こした「メガネっ娘」祭りを彷彿とさせます。

 うーん、Twitter を贔屓目に見たいのはわかるけど、こりゃーちょっと大げさ過ぎるような……

 根本的に層が違うでしょ?ブログ時代の人がそのままスライドしただけで、新しい層じゃないでしょ、コレ。しかも Twitter 年齢層高すぎだろ?今さら広瀬香美さんで盛り上がるってどんな年齢層だよ。

 それに、Twitter 界隈なんて、まだ小さなウェブコミュニティレベルですよ。ブログのときのような、さまざまなポータルが参入している状況とは、全然違うし。

 マイクロ(ミニ)ブログブームと捉えるなら分かるけど、Twitter は、同種の類似サービスが各所で出来ているが全体的な呼び名が統一されていない。Twitter 以外の同種サービスを日本の Twitter 既得者が毛嫌いしていて排他的な発言が多いから、ある種潰し合いにもなってるし。

 それにしても20代のグラドルと40代のバツ一歌手を同列に考えるなんて、どれだけ Twitter に思い入れしてるんだろう。広告塔としての魅力と可能性が全然違うじゃないか!

 最初にフォローするようになってる、おすすめのユーザーの例の20人をもっと誰でも知ってる人にしなければ、盛り上がらんよ、Twitter は、実際。まぁ、その中の一人が書いてる記事だしな。内からは変えられないか。

 とある、20代くらいのニコ生主が Twitter はじめたときに、放送中にコメで何人知ってるか聞いてみたけど、広瀬香美さん以外は誰も知らないってさ。それが現実。自分もそう思う。勝間さんも一般では、まだまだ無名だよ。あと知ってるのはホリエモンくらいで他の人は何をかいわんや。

 もっと誰でも知ってるメジャーな人を金でも使って集めてフォローできる仕組みにしなければね。既得権益にすがりたい人たちが居座り続けるのは、どこぞの官僚や政治家と一緒やね。その時点で既に腐ってるわ、あのサービスは。

 だから、Twitter 系サービスでブレイクする可能性があるのは、今のところアメーバだけだってば。「Amebaなう」(仮称)なら、芸能人多く抱えてるアメブロがあるから、一般人ウケできるかも、ですよ。それは「Amebaなう」発表前に既に書いてるし。そーすれば、新規の若い人でモバケーやリアルにはまってる層の一部も囲い込めるんではないのか?

 何にしろ、自分も含めて日本の Twitter 利用層は、おじさん/おばさんばっかりで、頭固い人たちが多いという印象。それがキャズムを超えてブレイクするとは思えないんですよね。若い人が使っていないとは言わないけれど、若い人が魅力を感じないのでは?と思うのですよ。今のままではね、どうしても。


[関連]
 ・相方がtwitterアカウントを取得して「なにこれつまんない」と言い出した - 煩悩是道場
 ・Twitter懐古主義者の独り言
 ・ある女の「twitter疲れ」(増田風) - 荻上式BLOG
 ・twitterバブルが終わる3つの理由 - てきとーに、てきとーに。
 ・『斬(ZAN)』 Twitter って直感的な面白さが掴めない
 ・『斬(ZAN)』 Twitter は普及しないと思いますよ
[タグ] Twitter
[ 2009/11/15 18:18 ] ウェブの話 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。