『斬(ZAN)』

主に Web(ウェブ),ブログ(blog),サイト,ニュース,CGM などネットで視た様々な出来事を『斬』りますよ。
2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

100歳以上のお年寄りの生存確認するより大事なこと 

痛いニュース(ノ∀`) : 都内最高齢の113歳女性が所在不明 - ライブドアブログ

 この問題が表面化して、100歳以上の高齢者の所在、生存確認の必要性が取りざたされています。

 確かに、生存確認することは大切だけれど、根底には年金の不正受給問題がある。でもでも、年金の不正受給したことより、もっと問題なのは、不正受給までしなければならないという現状の実態ですよ。

 ほとんどの人は、家族さえいれば、死んだら葬式出すでしょう。死亡届も出すでしょう。ましてや100歳超えてるんなら大往生で、むしろ祝い事レベルですよ。やらないほうがおかしいですよね。

 でも、それをしない。これはしないというよりできないといったほうが正解なんじゃないか。で、できない理由ってのは、年金が支給されなくなると困るからでしょ。いや困るどころか生活できなくなるからでしょ。

 親が死んでも葬式出さないって、異常事態ですよね。ひっそり隠すってことは、よほどな事情が無ければしませんよ。それで、その原因が貧困なのだとしたら、そりゃーもうこの国終わってるよ。

 不正受給を叩くよりも、そういう社会を作ってしまった責任のほうが大きいですよ。これじゃ先進国ではなくて、後退国ですよ。

 姥捨てとか子殺しとかの時代とやってることが変わらないじゃないですか。

 不正受給とか世界一長寿国じゃなかったとかそんなことはそれほどの問題じゃないですよ。むしろ、そうしなければならないような環境や状況がいたるところで起きてるってことのほうが危険だと思いませんか??

 不正受給が悪いことなんてのは誰でも承知してるはずですよ。知らないわけ無い。でもそれでもしなければならなかった事情についてもっと突っ込んで考えるべきですよ。

 不正受給を見つけることよりも、不正受給などしなくてもいい社会にするためにするべきことを考えていくべきです。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。